糖質ゼロで、人間は生きていけるのか 究極の糖質制限をすると人体はどうなる?

 食事をとると、三大栄養素は体内でどのように代謝(分解・合成)されていくのでしょうか。

 一般的に、次のように説明されることが多いと思います。


炭水化物→エネルギー
脂質→エネルギー、脂肪として貯留
たんぱく質→筋肉など肉体をつくる


 もちろんこれが間違っているわけではなく、おおむねこのように理解してもらって構いません。ただし、何点か大切なことを追加します。

 1つは、前回(「日本万歳!世界各地の『食事療法』に挑戦できる」)でも解説しましたが、脂質が人体を構成する細胞の膜や、ステロイドホルモンをはじめとした様々な生理活性物質の成分となるということです。

 脂質というと、皮下脂肪や内臓脂肪を連想して敵視されがちですが、肉体に必要不可欠な役割を持っています。

 次に炭水化物は、大きく分けて「糖質」と「食物繊維」に分けられます。

 糖質は体の中で燃料として使うことができて、1g当たり約4kcalのエネルギーになります。

 もう1つの食物繊維は、食物に含まれる消化の難しい成分のことで、穀物、海藻、豆、きのこ、野菜、果実などに豊富に含まれています。消化が難しいので、摂取できるエネルギーは微々たるもの。エネルギーよりも、今までは「便通を良くする」などの理由で積極的に摂取しましょうと言われてきました。

 しかし、食物繊維にはそのほかにも大きなメリットがあることが分かってきました。

 食物繊維の摂取量が多いほどメタボが少ない(1)、糖尿病のコントロールに有効(2)、LDL(悪玉コレステロール)を下げる(3)、などの報告があるのです。

 食物繊維をどうやって取るかが、食事法における重要なカギになることは明らかです。これについては、稿を改めてしっかりと解説したいと思います。

 最後に、三大栄養素の流れは完全に独立しているわけではなく、下の図の通り、一部は相互に乗り入れ可能になっています(本当はもっと複雑な回路をたどるのですが、ここでは大枠だけ変えずに省略しています)。

 色が濃い上向きの矢印が2カ所あり、ここが今回もっとも重要なポイントです。


糖質は簡単に脂肪になるけれど……

 
 炭水化物はブドウ糖に分解され、血中へと流れ込む。つまり、血糖が上昇します。それを感知した膵臓は、「インスリン」というホルモンを出します(インスリンも食事法において、最重要キーワードの1つです)。

 インスリンによってブドウ糖は細胞の中に取り込まれ、エネルギーとして利用されます。

 余ったブドウ糖は「グリコーゲン」や「中性脂肪」に変えられます。グリコーゲンは肝臓や筋肉に、中性脂肪は脂肪組織に取り込まれて貯蔵されます。

 つまり炭水化物からも脂肪ができてしまうのです(図の「アセチルCoA」→「脂肪酸」のルート)。

本連載の著者が読者の質問に答えます!!

『日本一まっとうながん検診の受け方、使い方』を上梓した本連載の著者、近藤慎太郎氏。10月は厚生労働省などが旗振り役となって「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン月間」を実施しています。

 そこで本連載でも、がん検診をめぐる読者の皆さんの質問に、近藤医師が直接、回答する機会を設けます。「がん検診」についての質問を、本記事のコメント欄より投稿してください。集まったコメントを近藤医師が読み、本連載で回答していく予定です。


炭水化物の食べすぎもやっぱり注意!

 
 これに関連して、もう一つ大事な注意点があります。

 脂質異常症がある場合、「揚げ物や炒め物などの脂っぽい食事を控えましょう」と指導されることがよくあります。

 ところが、LDLが高い場合にはおおむね妥当だと思いますが、中性脂肪が高い場合は、「炭水化物も原因だった」ということがあり得るのです。

 脂っぽい食事を控えているのに中性脂肪がなかなか下がらないという人は、むしろ炭水化物の量に留意する必要があるのです。

 医者でもこの点をはっきりと認識していない人が時々いて、中性脂肪が高い場合に、「本当に脂っぽい食事を控えているんですか~?」と不用意な発言をして、患者さんとの信頼関係にヒビが入ることがあります。

 このように、糖質には一筋縄ではいかない面もあります。

 では、そんな糖質を全く取らなかったらどうなるのでしょうか。

 最近では、「糖質制限」を厳格に守って、炭水化物をほとんど取らない生活を送っている人もいます。そういった場合、人体にはどんな影響があり得るのでしょうか。

 もともと人間の脳は、原則的にブドウ糖しか栄養素として利用できません。

 ですから、もしそのほかの栄養素からブドウ糖が合成できないのだとすると、糖質制限をすることで、脳は飢餓状態になってしまいます。

 ただ、これは一応、回避できます。ブドウ糖が枯渇した場合には、筋肉のたんぱく質などを分解して、ブドウ糖を作り出す「糖新生」というルートができるからです(図の「ピルビン酸」→「ブドウ糖」のルート)。

 厳格な糖質制限を推進する人たちは、「糖新生があるから糖質はまったく取らなくても大丈夫」と主張します。

 ただ、成り立ちからも分かる通り、糖新生は人体にとってあくまで非常手段。糖新生があるから糖質ゼロでも構わない、とするのは、やや乱暴な話のように感じます。

 3大栄養素は、それぞれ独自の流れを持っていて、互いの交通はないというイメージがあるかもしれません。けれど実は様々な合流ルートがあるのです。これを「栄養素の相互変換」と言います。

つまり下のような単純な図式ではないということです。

炭水化物→エネルギー
脂質→エネルギー、脂肪として貯留
たんぱく質→筋肉など肉体をつくる

 これはいたずらに複雑になっているわけではありません。人類の歴史において、それぞれの栄養素を、バランスよく取れる時期は、ほとんどありませんでした。つまり栄養素の過不足があった場合に互いをカバーしあえるよう発達した、極めて精緻なセイフティーネットがこの複雑な仕組みなのです。

 その特性を理解した上で適切にふるまうことが、取ろうと思えばいくらでも栄養素を取れる時代に生きる日本人にとって、必要不可欠なことなのです。

■参考文献

Lie L et al. The Association of Dietary Fiber Intake with Cardiometabolic Risk in Four Countries across the Epidemiologic Transition. Nutrients. 2018;10. pii: E628. Silva FM et al. Fiber intake and glycemic control in patients with type 2 diabetes mellitus: a systematic review with meta-analysis of randomized controlled trials. Nutr Rev. 2013;71:790-801.Maki KC et al. Whole-grain ready-to-eat oat cereal, as part of a dietary program for weight loss, reduces low-density lipoprotein cholesterol in adults with overweight and obesity more than a dietary program including low-fiber control foods. J Am Diet Assoc. 2010;110:205-14.

近藤 慎太郎


food_eiyou1_toushitsu.png 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181013-67563480-business-soci

名無しさん 

病気や肥満になってしまってる場合は注意が必要だと思うけど、普通なら食事はバランス良く適度に摂るのが一番だと思うけどね。

極度に何かを摂りすぎるとか、摂らないってのがそもそもどうなんかな、って。
ま、そう信じ込んでいて健康を維持できてるならそれでもいいと思うけど、みんながみんな真似する必要はない。無理に続けてストレスため込む方が不健康だし。
言い意味でざっくばらん、適当が一番。

食事、睡眠、運動。ま、これらをバランス良く適当にするってことが、今の時代は結構難しかったりするんだけどね

名無しさん 

ゼロ糖質は偏食と同じ。
糖質制限は長期間続けると人体に悪影響が出るとwikiでまとめられて確立してる。
結局タンパク質や脂質摂取が増えるために、動脈硬化や心臓病、腎臓病、痛風、めまいや低糖質失神などリスクが高まる。

イヌイットは肉だけ食べて健康云々というが、彼らの染色体は突然変異が多く確認されていて、我々が同じ食事をしても結果は同じにならない。オメガ3脂肪酸も同じことが言えるかもしれないということらしい。特殊な遺伝子を持った部族がそれを食べて健康だから、はい日本人も同じ食事をすれば健康ですとは言えないということ。

最近は糖質カットなんちゃらとか溢れてるが、結局これは、ばっさりいうと、フードファディズムです。
厚生労働省の指針であるバランス食がベスト。
EK9forever 

この辺はここ20年ほどで積み上げられた論文に対して統計解析が試みられつつ更に研究が積み上げられている最中。

最新の知見では糖質制限をするのは構わないが、代わりに脂質を大量摂取すると心臓や脳血管障害になる率は当然上昇する、タンパク質は体重*2g以上(60kgであれば120g)以上摂取すると腎臓に負担がかかる、事から逃れる事は出来ない事が分かってきています。

後々否定されるかもしれないし修正が入るかもしれませんが、3大栄養素を偏らせる食事と命を天秤にかけるのはなかなか難しいのです。
名無しさん 

食事をバランス良く取るってのは、答えになっているようで全く答えになっていない言葉だねぇ(笑)。
糖質制限の第一人者、江部先生のブログから引用。


糖質制限食というと、現代の普通の食事である高糖質食と比べると
変わった食事と言う風に思いがちですが、実は糖質制限食こそが人類本来の食事なのです。
諸説ありますが、
人類がチンパンジーと分かれて誕生したのが約700万年前で、農耕が始まったのが約1万年前です。

農耕が始まる前は、
「狩猟」「採集」「漁労」で食べ物を手に入れていて、
穀物はほぼなかったのですから、人類みな糖質制限食と言えます。

なわち、
糖質制限食は700万年間の人類本来の食事であり、人類の健康食と言えるのです。




テストのマイク中 

糖質制限で20kg体重落としました。
体重落ちてからは身軽になったので運動もしやすくなり、今は運動しながら程々に食べるようにしてますが体重はそのまま維持できています。
糖質制限は体重落とすキッカケくらいにした方が良いと思います。
名無しさん 

糖質制限は痩せるけど、そのあと普通に糖質をとるだけですぐ太るようになってしまった。
昼食に幕の内弁当を食べただけで1㌔は増える。
それを取り戻す為には数日の主食抜きが必要に。
極端な肥満でない限りは
『バランスよくほどほどに食べる』
が1番良いように思う。
これが出来ないから苦労するんだけどね。
名無しさん 

脳の栄養はブドウ糖だけと書いてあるが、糖質制限はそこのところをケトン体が代わりをしてくれるとする。
難治性の癲癇にはケトン体(ハード糖質制限)の食事が有効で、そういう治療法が認められている。
ということは、脳はブドウ糖とケトン体どちらでも使えるので、特に糖新生にこだわる必要はない。
ブドウ糖がどうしても必要なのは血液中のヘモグロビンぐらいだ。
名無しさん 

半年糖質制限やったけど確かに痩せるよ
ただ明らかに体調が悪くなるし食事に楽しみがなくなる
痩せることに至上の価値を認める人以外はやらんほうが良い
名無しさん 

というか現代社会の中で糖質ゼロ生活をすることが難しいと思う。
名無しさん 

糖質制限ってリバウンドしてる人しか見た事ないです。
糖質制限って専門家の元でやらないと危険だし、俳優のように役柄で短期間で体重落とす人向けかと。
雪雫 

何でもカットしすぎなのもどうかなと思う。
普通の人がにわか知識やクチコミ情報だけで続けたら結局病院のお世話になるかと。
名無しさん 

一食ご飯(少なめの)一膳は摂った方がいいと思う。全く摂らないのは良くない。
名無しさん 

やはり、日本人古来の食事内容が、一番バランスが取れていると思います。
お米ももっと取る必要があると思います。(農家でもJA関係でもありません)
名無しさん 

厳密には無理では?
名無しさん 

糖質制限してる人の体臭は独特で
何となくわかる
名無しさん 

肝心の「どうなるか」は結局どこにも書いてない
名無しさん

糖質ゼロは不可能じゃない?水しか飲めないのでは?
名無しさん 

血糖値依存症だ
返信機能って要る? 

30前半までは普通に3食摂っていいと思うけど、30後半からは、朝は糖質抜いて、夜もそれまでの半分でいいと思う。
その分豆腐とかでたんぱく質摂ってね。
お酒も30後半からは、それまでの1/3位までなら、太らなくて済みそう。
スポーツは若いうちにやっておいて、アラフォーになったら軽い筋トレとウォーキング位がちょうどいい。
いろいろ自分の体で実験してきた結果です。
名無しさん 

イライラするし眠たくなるし腹はへるし集中力もなくなるしいい事なし!
名無しさん 

タイトル詐欺ですねw
タイトル回収できてなくて無駄に長い記事。
そもそも炭水化物じゃないものでも
少量の糖質は含まれてるんだから
糖質ゼロは不可能な話








名無しさん 

その前に何食べたらいいの?
調べてみたら大豆もやしと鶏肉、マグロの刺身とアジ,油ぐらいだったけど…。毎食これでは辛い。
糖質ゼロで、人間は生きていけるのかと言われてもそんな奴おらへん~って返したくなるw
名無しさん 

これは私の周りの主婦を見ての感想だが・・・
デブ程、糖質OFFの文字に弱い。

糖質OFFのパスタ頼んだって食後にパフェ2つ頼んでたら痩せねぇんだよ。例えミニパフェでもな。
無名 

脳はグルコースしかエネルギーに使えないと言っている時点で無知。
糖新生で作られるグルコースはもとより、脂質を元に作られるケトン体もエネルギーとして使える。
古い常識に囚われた意味のない記事。
名無しさん 

人間が普段口にするもので取りすぎて問題がないものなどない。

炭水化物の摂取量が少ないことによるリスクを示す研究はいくつもあるが、ゼロなら健康的で長生きできるという最もらしい証拠など何もないのに糖質=悪を信じる人間が何故か存在する。

アホに健康情報はナントカに刃物。傷つくのは自分だけだが。
S.O.rei

科学的な根拠があるなら良い。
世にある健康法やダイエット法のなんと非科学的なことか・・・
名無しさん 

取り過ぎも取らなさ過ぎも、体に悪い。
名無しさん 

バランスの良い食事
適度な運動
質の良い睡眠
名無しさん 

脂肪をケトン体に変えるから、どんどん体脂肪が減って痩せるんだろうけど、脂肪がほとんど無くなった後は、筋肉をエネルギーにするのか?
名無しさん 

まぁ、
勝手になんちゃら痩身法とやらで
痩せるも太るも個人の勝手だが、
身体がおかしくなっても自由診療にかかれよ。保険医療費を使うなよ。
名無しさん 

町を歩いているとほとんどはデブ。どんだけ食ってんだろうか
名無しさん 

50過ぎのジジイですが、食物繊維とポリフェノールの摂取はメタボ対策に効果的だと思う。
果物をよく食べ、なるべく皮ごと食べる。
緑茶をよく飲む。
野菜は生でも煮てもどちらでもいいが、よく食べる。
ナッツ類をよく食べる。
170cmですがウェストはずーっと76cmをキープ。
名無しさん 

一日3食しっかりとは明らかな食べ過ぎ。
名無しさん 

ご飯もパンもパスタも大好き。
飢餓に備えて、身体が本能的に欲しがってるんだろうね。

ニホンザルは木の芽、若葉、果実、虫などを食べてるわけで、精製された砂糖、米、小麦は本来動物が食べるはずのなかったものなので、現代の生活では控えめにしても過剰摂取になってしまうのでしょうか。
名無しさん 

脳はいくらでもケトン体を栄養にできる
未だにこのレベルの戯言を配信して平気なのに驚くわ
Whatcouldme 

ギャル曽根さんは蓄える前から食べた物を燃やしてるイメージ。
名無しさん 

だから痩せたきゃ動けよ。
名無しさん 

糖質制限なんかにいちいち神経とがらせなくてなくていいから。
きちんと毎日3食バランスよく食べて運動することが重要でしょ。

食後に軽い運動するだけでも、糖尿病へのリスクはだいぶ変わる。
20分程度のウォーキングは記憶力など脳にもよい影響が出る。
場所があるならラジオ体操なんかも全身運動になって良い。

筋トレとかランニングとか激しい運動じゃなくていいから、とにかく毎日継続的に身体を動かすことが重要。
名無しさん 

美味い寿司もラーメンも食べたいし、スイーツもたまには食べたい。
糖質制限などという、食の楽しみを捨てた禁欲的な生き方なんか、QOLが最低、最悪だ。
まあ、好きでやるのは、勝手だが。
考えが古い人間 

筋肉は減るが、運動しないから脂肪は燃焼しない
最悪。だから、顔が余計にデカく見える
糖質制限!
名無しさん 

マサイ族と、同じ食べ物にすれば、成人病や肥満が、一切無くなります。
日本人、全員がそうすれば、日本の医療費もいらなくなります。
病院が減り、製薬会社も倒産します。
だから、病気を作らないとならないんです。
だから、海外では、毒物指定のトランス脂肪酸を日本では、平気で販売されています。
儲かる方は一体誰?
利権、癒着、既得権益もほどほどに!






関連記事

食生活 ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

コメント一覧

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

よく読まれている記事

ブログパーツ