ジム不要の「囚人筋トレ」なら、ケガなく身体を鍛えられる!


1:しじみ ★:2018/05/10(木) 17:14:08.63 ID:CAP_USER.net[1/2]


■監獄で「自重トレーニング」を積み重ねた男は、関節やグリップ(握力)を疎かにしなかった――。
元囚人による筋トレ本『プリズナートレーニング』続編が教えてくれること
kintorebook180510-top-thumb-720xauto.jpg 

昨年の夏、日本で刊行されて大反響となった『プリズナートレーニング』
(ポール・ウェイド著、山田雅久訳、CCCメディアハウス)という本がある。

話題を呼んだ理由のひとつは、「ジム通い不要」「ダンベル不要」「プロテイン不要」と、 近代的トレーニングに必須だと思われてきた要素をことごとく否定している点だ。

理由のもうひとつは、著者に何のインストラクター資格も学位もなく、それどころか「元囚人」であるという希有な事実である。

度重なる薬物犯罪の過ちによって刑務所の入退を繰り返した末、著者が延べ約20年にわたる監獄生活で身につけたのは、 おのれの体ひとつで、外見と機能ともに究極の肉体を創り上げる「キャリステニクス」、すなわち「自重トレーニング」であった。

■なぜ「グリップ(握力)」と「関節」なのか

「人生100年時代」といわれるようになった昨今、世間で定着しつつある健康ブームの一環で、 特に筋力トレーニングを始める男性が増えてきた。

腹筋が6つに割れて見える「シックスパック」や、 鍛え上げられた大胸筋や広背筋によって形成された「逆三角形」の上半身に憧れ、ジム通いを始める人も多い。

しかし、『プリズナートレーニング』の著者、ポール・ウェイドが述べる事実は一貫している。


 ■もし次のような話を聞きたいなら、この本を読むと時間の無駄になる。

・ウェイトを挙げろ
・10レップス3セットが基本
・ストレッチしろ
・1日6回食べろ
・プロテインを飲め

 わたしはこんなことは言わない――実際、わたしが口にすることのほとんどが、 現代のフィットネスシーンがアピールする内容とは真逆になる(だから、効果があるのだが)。

これは、著者の新著『プリズナートレーニング 超絶!!グリップ&関節編』(山田雅久訳、CCCメディアハウス)からの一節だ。

著者は前作『プリズナートレーニング』で、 胸・肩・背中・腹・太もも・上腕の筋肉を自重トレーニングのみでバランスよく鍛え上げる方法を伝授しているが、 この続編でわれわれに指南してくれるのは「グリップ(握力)」と「関節」の鍛え方である。

率直に言うと、地味な印象をぬぐえない。見栄えのいい肉体を手に入れたい筋トレファンの心に、どれだけ刺さるのだろうか。

しかし著者によれば、グリップや関節にまで気を配りながら鍛え上げることで、見せかけだけではない、 真に強靱な体を創り上げることができるのだ。そして、そのセルフコントロールは、むしろ器具を使わないからこそ有効だという。

■どこのジムに行っても、バーベルを挙げる時の助けにするため、リストストラップとフックを使う男たちを見かける。
"もっと" 挙げられるようになるからだ、と彼らは言うが、それは違う。確かに腕はその重量を挙げている。
しかし、手にはその重量を挙げる力がない。つまり、実際には挙げていない。
肉体的な能力を解き放つのにストラップやフックがいつも必要だとしたら、それはおかしな話になる。
ニセモノの習慣をつくるし、強さだって見せかけだ。(30~31ページ)

ある道具やシステムの「強度」を考えるとき、基準とすべきなのは最も弱い部分である。
著者によれば、「どんなシステムでも、たとえそれが単純なチェーンであっても、 もっとも弱い連結部分がそのチェーン全体の強さを決める」のだ。

著者は長い刑務所生活で何度もケガを負ったらしいが、トレーニングが原因の大きな負傷は一切ないという。
おそらくは彼が、体の中で最も弱い部分となりやすいグリップや関節を、意識的に鍛えていた成果だろう。

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2018/05/post-10132.php

続く)



2:しじみ ★:2018/05/10(木) 17:14:27.64 ID:CAP_USER.net[2/2]

続き)>>1

■現代の身体文化の中で、関節トレーニングほど過小評価されている分野はないだろう。
体が大きく強くなるにつれ、関節にかかわるトラブルは切実な問題になっていく。
筋肉が強くなり、筋肉にかける負荷が大きくなると、関節や腱にかかる負荷も大きくなるからだ。
痛む関節に悩むボディビルダーは多い。彼らのトレーニング法だと、 硬直した不自然な動作やケガをしやすい結合組織をつくり出すものになる。
キャリステニクスが優れているのは、この点だ。関節や腱にトラブルを招くのではなく、 それらを強いものに変えていくトレーニングになるからだ。

現代の身体文化の中で、関節トレーニングほど過小評価されている分野はないだろう。
体が大きく強くなるにつれ、関節にかかわるトラブルは切実な問題になっていく。
筋肉が強くなり、筋肉にかける負荷が大きくなると、関節や腱にかかる負荷も大きくなるからだ。
痛む関節に悩むボディビルダーは多い。彼らのトレーニング法だと、 硬直した不自然な動作やケガをしやすい結合組織をつくり出すものになる。
キャリステニクスが優れているのは、この点だ。
関節や腱にトラブルを招くのではなく、それらを強いものに変えていくトレーニングになるからだ。


●重力を使って万力のようなグリップをつくる「ハンギング」
kintorebook180510-2.jpg 

●瞬発力を備えたチタンのような指をつくる「拷問グリップワーク」
kintorebook180510-3.jpg 

●グリップを超人的に仕上げる「指先プッシュアップ」
kintorebook180510-4.jpg 

数多あるハンギングの中でも究極のトレーニングは、意外にも、水平バーに引っかけたタオルにぶら下がる「タオル・ハング」だという。言葉の響きは拍子抜けするが、片手でタオルを握って60秒間ぶらさがれれば、「全人類の上位1%以内」に入れる握力が身につくと著者は語る。

グリップを鍛えることによって、前腕や腹斜筋といった男らしさを演出する筋肉も、自重でビルドアップできる。また、首を鍛える「ブリッジ」や、ふくらはぎを鍛える「カルフレイズ」も、強度ごとに段階を追って複数のやり方を紹介している。

■一般的なストレッチだと、ケガをしやすくなる

自重による「関節トレーニング」について具体的かつ詳細な解説がなされている次のパートでは、衝撃的な警告も付されている。

「筋肉のストレッチで、ケガをしやすくなる」と。

われわれは筋トレの前後のストレッチによって「ケガを予防できる」と、素朴に信じているが、 監獄の自重トレーニング・マスターたちの間では、正反対の意識が浸透しているという。
本書では、一般的なストレッチが筋肉を傷めるおそれがある根拠と、 真にケガを予防するための自重による「能動的ストレッチ」について、丁寧に伝授している。

そして最後の「ライフスタイル」パートでは、規律や睡眠、タバコやアルコール、ステロイド、 食事(「ザ・監獄ダイエット」と名付けられている)、 プロテイン、ケガの治癒、メンタル......に関するポール・ウェイド流のアドバイスがまとめられている。

彼が言うように、毎日1時間トレーニングしたとしても1日の約4%に過ぎない。
「この4%がとても大切な時間になる。そして、残りの96%をどう過ごすかが、 目を瞠るような成果をもたらすか、そこそこの結果にしかならないかを左右する」のである。

果たしてわれわれは、トレーニングをしていない96%の時間も含めた100%を、この本に従って鍛錬し生活できるか。
簡単ではないだろうが、それにより「人生100年時代」にいつまでも動き続けられる屈強な肉体を身につけることができるかもしれない。

「グリップ」と「関節」の自重トレーニング。確かに、派手なうたい文句ではない。
ただ、これだけは言える。頑強な高層ビルや美しい電波塔が、ぬかるんだ地面の上に建つことはありえない。

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/carrier/2018/05/post-10132.php



関連記事

ジム通いもプロテインも不要な「塀の中の筋トレ法」が日本上陸








3 :

でも刑務所に入る必要があるんでしょ?



4 :

長いわ
簡潔にまとめろや


14 :

>>4
ものすごく簡潔にすると

「トレーニングは自重」

という事らしい



17 :

トレーニング画像見た瞬間「あ!なるほどな!」と思えた
これは興味あるなぁ
しかもなにげにイケメンだw



23 :

中学時代のオレとおんなじことやっててワロたわw
一番効いたのは教室の出入り口のところでやる懸垂だ
あれは握力と同時に腕から首周りまで異様に筋肉がつく
ただ高校の制服を合わせるときに首周りや肩の筋肉がつきすぎてガバガバのを着ることになった



53 :

筋肉の7割は下半身にあるのに何故か筋トレ馬鹿は上半身ばかり鍛えて
糞寒いのにTシャツを着たがる
これを巷では脳筋馬鹿と呼ぶ

脳筋馬鹿が短パンを履くと華奢でヒョロヒョロの脚か、もしくはブヨブヨの豚脚
ヒジョ―にミットモナイのでありますw



67 :

結局腕立て伏せと懸垂とスクワットだけでいいってことか



83 :

腹筋ローラーで腰逝ったから ぶら下がり健康器買うわ まじで 



101 :

自重だろうとバーベルだろうとやれば筋肉はつく。
方法にこだわっても虚しいだけだな。
好きな方法でやればいいだけ。



133 :

さっそくやってみたらタオルがちぎれた
どないしてくれんねん。




156 :

低負荷トレでも追い込めばじゅうぶん筋肥大するし高負荷よりも怪我しにくい
それに腕立てやスクワットや懸垂なんかの自重トレをプラスすれば一般人はそれで十分
それ以上やってもマッチョやビルダーになんかなれないし無理するとすぐに体を壊す

無理して重いもの持たなくても筋肉はちゃんとつく



171 :

怪我した時にアスピリン飲めってのはためになったなあ。
アイシングは知ってたしやったことあるが、バファリンも飲んでたらもっと治りが早いらしい。



190 : 


ライザップにコースができそうだな。

牢屋作ってそこで合宿トレーニング。




193 :

自分の体を支えられる以上のことをやるから体壊すんだよ
そもそも重いものを持ち上げる動作が体にいいわけないだろ
それを続けてればいつかは故障するに決まってる
自分の体を支える+柔軟性の運動で十分だっての



194 :

上半身の筋トレなんて全部肩関節に負荷かかるようなのばっかりじゃん
ぶら下がりは最初に握力に限界くるからむしろ無理が出来ないんだよ
自重以上の負荷をかけないっていうのは合理的だわな





引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1525940048/








関連記事

筋トレ ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

コメント一覧

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

よく読まれている記事

ブログパーツ