1日30回のかかと落としで「ゴースト血管」が甦る

 多くの日本人を悩ませる「国民病」の予防・改善のための新たな方法として、複数の医師が提唱する「かかと落とし」という運動が注目を集めている。

 福岡歯科大学客員教授で、『“骨ホルモン”で健康寿命を延ばす! 1日1分「かかと落とし」健康法』(カンゼン刊)の著者・平田雅人氏が解説する。

「かかと落としは、背すじを伸ばしてつま先立ちになり、両脚のかかとを上げ下げする運動法です。かかとを地面につけるときに、自分の体重をかかとに伝え、“骨を刺激する”ことを意識して、1日30回繰り返します。手軽で簡単にできる運動ですが、これによって『糖尿病』の予防・改善、『認知症』や『動脈硬化』の予防効果が期待できるのです」

 国内の糖尿病患者は、予備群を含めると約2200万人、認知症は約800万人にのぼるといわれる。動脈硬化が進行すれば、脳卒中や心筋梗塞など命に直結する重大な疾患を引き起こす。

 さらに、同様の運動が「高血圧」の対策としても効果が期待できると明らかになってきた。日本高血圧学会によれば、高血圧の潜在患者数は約4300万人。国民の約3人に1人が悩みを抱えている疾病への新たなアプローチとしても注目が集まっている。

 これらの疾患について、これまでの予防・改善策は、適度な運動や十分な睡眠時間の確保といった地道な生活習慣の改善が主流になっていた。その症状が悪化すれば、いずれも薬に頼らざるを得なかった疾患でもある。

 そうしたなかで「かかと落とし運動」という極めてシンプルな予防・改善法が有効だとすれば、国民病克服に向けた新たな地平が開ける。

◆「ふくらはぎ」のパワー

 かかと落とし運動によって、「高血圧」の予防効果が期待できる──そのことが分かってきたのは、高血圧を引き起こす一因となる「ゴースト血管」という概念の存在が、最近の研究で明らかになってきたからだ。

 ゴースト血管とは、全身の細胞に酸素や栄養を行き渡らせる毛細血管に、様々な要因で血液が流れなくなった結果、毛細血管が無機能化したり、消失してしまう状態のことを指す。毛細血管が、まるで幽霊のように消えてしまうことから、そう名付けられた。

 この概念は、4月1日に放送されたNHKスペシャル『“ゴースト血管”が危ない~美と長寿のカギ 毛細血管~』でも取り上げられ、話題を呼んでいる。番組にも出演した大阪大学微生物病研究所教授の高倉伸幸氏が解説する。

「加齢や糖分・脂肪分の過剰摂取などによって、末梢の毛細血管がゴースト血管になっていきます。ゴースト血管が増えて血液の循環が悪くなると、流れにくくなった血液を押し出すために心臓への負荷が増し、それに伴って血圧が高くなると考えられます。

 ゴースト血管と高血圧の関係については、いままさに詳細な研究が進められている段階ですが、私はゴースト血管が高血圧を引き起こす大きな要因の一つになっていると考えています」

 高倉氏によれば、“かかとを床から上げ下げする運動”が、毛細血管のゴースト化を防ぐ対策として有効になってくるという。それは即ち、高血圧の予防・改善にもつながるということだ。そのように考えられるカギは、「ふくらはぎ」にあるという。

「ふくらはぎは“第2の心臓”と呼ばれていて、血液の巡りをよくするポンプの役割を果たしています。加えて、体内でも毛細血管が多く張り巡らされている部分にあたります。つまり、ふくらはぎを鍛えないと、多くの毛細血管がゴースト化するし、さらにそれによって全身の血流が悪化して、どんどん毛細血管が消失してしまうリスクがあるのです。

 ふくらはぎを鍛える方法としては、“その場でスキップをする”といったやり方もありますが、より簡単なのは“かかとを上げ下げする運動”です。ふくらはぎを伸縮させることで、全身の毛細血管の血流を良くすることが期待できます」(同前)

※週刊ポスト2018年4月20日号

94ebff3248898cd5f1b9912970625e38_s.jpg 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180409-00000003-pseven-life


名無しさん 

簡単だし、これならやれそう。
名無しさん 

以前、ためしてガッテンで同じ事を紹介されていたのでやってみましたが、3日後くらいから、頸椎(首の骨)に痛みがはしり、継続できませんでした…。

調べてみると、この「かかと落とし運動」では体重の約3倍の負荷が掛かるそうですので、簡単な運動ですが、全身に及ぼすその衝撃は結構なものだと実感しました。

治るのにムチウチ並にかなりの時間を要したし、首の痛みが辛すぎて仕事ができず…(泣)
この運動で同じような症状がでた方が他にいるかいないかは分かりませんが、自分にとってはかなりリスキーな運動でした…。

また、ガッテンでは関節に疾患があったり、骨粗しょう症の人、高齢者などは運動を行う前に、医師にご相談して下さいと注意喚起していたが、
こちらの記事はそのような注意書きもないので、簡単な運動だけにこのまま情報がひとり歩きするとちょっと怖いですね。
名無しさん

そうなんですね︎
頸椎は大事だから怖かったですね。
お大事になさって下さい。
情報有難うございます。
m(__m)







名無しさん 

これはやってみると結構ふくらはぎにくるな
そんなに時間掛からないし歯磨きしながらでもできるから取り入れてみよう!
名無しさん 

タイトルが物騒
名無しさん 

やってみよう
名無しさん 

ネリチャギ(脳天かかと落とし)かと思った。
ゼットン 

前にテレビでこれをやると血糖値が下がると聞きバカ真面目に半年続けて見たが何も数値が変わらなかった。いつもテレビに影響され信じてしまう自分が嫌になる。
pancake 

簡単にやれるが、やってみたら結構キツかった。
名無しさん 

カーフレイズ
回数よりも、ゆっくりやると効きます
名無しさん 

私は以前から毎日体操して、かかと落としも、組入れています。そう言えばとても体の調子が良く過ごしています。これからも続けようっと
名無しさん 

簡単だし気軽に続けられそう!早速試してみる!
ᗷuuta 

かかと下ろしでは?
名無しさん 

やろう。
名無しさん

でも結構家の中に響くんだよね
まぁそんなこと言ってられないか
名無しさん 

かかと落とし・・・
そんな高度な技が必要とは
名無しさん

さっそく します。
主人にも言います。
みなさん しましょう。
45歳2等兵 

もはや北朝鮮以下の愛国情報操作統制としか言い様がない。それで国民が健康長寿になれるのか!科学的立証の論文はないと思う。
名無しさん 

こんな『かかと落とし』じゃ運動にならないだろ
足を頭より高く上げて思い切り落とす
それが『かかと落とし』




関連記事

コメント一覧

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

よく読まれている記事

ブログパーツ