近視や遠視を治す革命的な目薬「ナノドロップス」がイスラエルで爆誕!これからはメガネ不要の時代に

1:ニライカナイφ ★:2018/03/11(日) 23:03:20.88 ID:CAP_USER.net


◆近視や遠視を治す革命的な目薬「ナノドロップス」が爆誕! これからはメガネ不要の時代に!?

コンタクトレンズを使うと、目が疲れたりドライアイになったり。
かといってメガネ掛けるのも頭痛や運動時に不便なもの。
そんな方に朗報!

なんと、イスラエルでは「目薬を差すだけで視力回復する」夢の製品が開発中のようです。
イスラエルのバル・イラン大学の科学者と、眼科医デビット・スマジャ氏が共同で開発中の目薬「ナノドロップス(Nanodrops)」。
差すだけで角膜の傷を修復し、近視や遠視を治すものとして、昨年ESCRS(欧州白内障屈折手術学会議)にて論文発表されました。

「ナノドロップス」は、目薬中に含まれるナノ粒子が角膜の屈折率を補正するというもの。
スマジャ氏は「生体を傷つけずに視力補正できる革命的な製品」として、太鼓判を押している様子です。

10頭のブタを使い実験を行なったところ、軽度の視力障害を治癒させることに成功。
年末までにはヒトを対象とした臨床実験を予定しており、うまくいけばメガネやコンタクトレンズが完全に不要になる未来が期待されています。
ただどのくらいの頻度で目薬を差す必要があるのか?副作用はあるのか?などの情報は明かされていません。

ユルクヤル、外国人から見た世界 2018年03月11日
http://yurukuyaru.com/archives/75276415.html



medicine-415397_960_720.jpg




4 :

角膜の傷が原因のヤツしか治らんやん。



5 :

老眼にも効きますか?


21 :

>>5

要は曇りガラスに水掛けると透過する原理だな。
その液体が目に無害で粘度が一定時間あるって話だろうから、
老眼=ピント調節筋肉には効かないっぽいなぁ


37 :

>>21
残念・・かつて読んだ文庫本を見て、ようこんな小さい文字を読んでたなぁと我ながら感心してます。







13 :

老眼とか近眼って、角膜の問題なの!????(そもそも)


69 :

>>13
コンタクトレンズの装着場所と機能を考えりゃ分かるだろ?


119 :

>>13
眼軸長とレンズ体の調節能の問題だよね
角膜は関係ない



20 :

まじ!?
やべーなこれ!
はやくじつようかしてくれ!



34 :

取り外し不要なコンタクトレンズって感じだろ
それでも十分有用だけど、あとは価格かな



36 :

イスラエルの医療器具、優秀なんだよね。日本は完全に水あけられちゃった



39 :

レーシックと同じで生贄待ちですね



49 :

眼科医がメガネしなくなったら信じる



54 :

脱力方と聞くとピンと来ないが要はストレッチの事だよね。なら一定の効果はあると思うな。
目が衰えるのは筋肉が落ちるからだろし。ピントがズレる元となる1つでしょ。
筋トレやストレッチを目にもしてあげると良いんでしょね。たまに遠くみるのと同じじゃん?



83 :

眼鏡はアイテム化してるから、まあいいとして
コンタクトレンズは廃れるな。
ほんとにできるとして、



95 :

普通の目薬でも同じ効果あるよ。
俺、視力検査の前には目薬さしてるぞ。
ただし、筋肉を弛緩させる成分が入ってないやつに限る。




96 :

というか、原理的に見て、目薬じゃなくてもただの水でも効果あると思う。



120 :

涙ぐんだらちょっと視力が良くなる気がするあれか?



123 :

この手の製品が世の中に出回るようになったって話聞いたことない





引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1520777000/






関連記事

医療 ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

コメント一覧

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

よく読まれている記事

ブログパーツ