正月太り解消!バターコーヒーですぐ痩せられる理由

お正月で食べすぎて、久しぶりに体重計に乗ってみたらその数字にびっくり!という方は多いのではないだろうか。そんなあなた、一気に挽回するために、ぜひバターコーヒーを初めてみてはいかがだろう。『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』でシリコンバレーのバイオハッカー(自分の体を数値化&徹底分析する人)が、「研究の結果、最も健康的に痩せられてリバウンドしないのはバターコーヒーだった」「毎日0.5キロ痩せる」と紹介するや全米で大ブームとなり、いまや日本のコンビニ(ファミリーマート他)でも気軽に買えるまでになった。本記事では、同書からその痩せるメカニズムと、最も効果的な「正しい飲み方」について詳細にまとめた訳者解説を特別公開する。ぜひ役に立てていただければ幸いだ。


● 毎日0.5キロ痩せて、脳がクリアになり健康が回復

 バターコーヒーを飲むことを中心とした「完全無欠ダイエット」が、いまや世界的に評判となっている。

 何それ、ぎとぎとバターでダイエット?信じられない。日本にはコーヒーにバターを入れる文化などなく、そう思われても無理はない。だが実際、このアメリカのIT起業家でバイオハッカーが開発した方法は、驚くなかれ、多数のメディアで話題となり、セレブがどしどし実践するなど大ブームだ。

 ダイエットのあらましは、プログラムに従った1日3食を2週間つづけ、朝食はバターコーヒーにするというもの。

 開発者はシリコンバレーの寵児だったが、肥満と体調不良に悩まされ自分の体で実験、心身のパフォーマンスを向上させる方法をさぐった。世界レベルの医学博士、生化学者、栄養士の研究を総合してたどり着いた集大成が、本書『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』である。

 これを開発実践して「毎日0.5キロ痩せ、頭が冴え、健康を回復した」著者デイヴ・アスプリーは、現在このプログラムの紹介サイト「ブレットプルーフ・エグゼクティヴ」のCEOとして普及に努めている。


● あらゆる食の研究を反映した最も合理的な方法

 理論面としては、著者は多数の研究を参照総合し、最新の知見を反映させている。たとえば、このダイエットの一部は、すでに日本でも流行っているケトン式食事法と同様の原理で組み立てられている。

 炭水化物(パンや白米、パスタなど)の摂取を減らして中鎖脂肪酸(MCTオイルなど)を多く摂取することによって、「糖ではなく脂肪を燃やしてエネルギーに変える有益な状態」をつくりだすというものだ。

 本書の2週間プログラムでは、炭水化物は毎日30グラム以下(白米でいうとお茶碗半分程度)に抑え、週に1日は100~150グラム程度(お茶碗2~3杯程度)摂ることを推奨している(ただし夜に限る。また、大きく減量したい人は当然、炭水化物を減らすほど効果が出やすい)。
 
 そしてもう一つ著者が重視しているのが断食(ファスティング)だ。一般には1日おきの断食や、朝食抜きで昼過ぎまで食事を摂らない断続的ファスティングの減量効果や集中力増強効果が知られている。だが、ビジネスパーソンがこんなことをしていては、空腹で午前中のパフォーマンスはがた落ちになる。

● 「朝1杯」で、痩せて頭も冴えまくる

 そこで、著者が考案したのが朝1杯のバターコーヒーを飲むという方法なのだ。腸内の「痩せ型」細菌を養う抗酸化物質が豊富でインスリン感受性を高める(血糖値を安定させる)などの効果があるコーヒーに、バター(大さじ2杯まで)とMCTオイル(またはココナッツオイル。大さじ2杯まで)を混ぜて良質の脂肪を摂取するというものだ(MCTオイルはいきなり多く摂るとお腹がゆるくなることもあるので、分量は様子を見ながら調整してほしい)。

 良質の脂肪を充分に摂っている限り、脳はむやみに空腹感を起こさず、ファスティングの状態が持続するので、腹を空かさずに断続的ファスティングのメリットが得られる。

 使うバターはグラスフェッド(牧草飼育)の牛からとれたものがベストだが、なければ、ブレス産バターやイズニーバター、セーブルバター、エシレバターなど飼料のよく管理されているAOP認証のものや、できるだけ牧草飼料の割合の高い高品質のバターがおすすめとのこと。白いバターより黄色いバターのほうが栄養豊富だという。

 そして昼食をたとえば13時ごろに摂ったら、夕食はその後6時間以内に摂るのが望ましいので、19時ごろに摂ることになる。これで次の日の13時までバターコーヒー以外飲まなければ、夕食から次の昼食まで18時間のファスティングができて、大きな減量効果や集中力増強効果が期待できるというわけだ。

● 「0か100か」の方法ではない

 ほかにも、最新の食の科学を説きながら、野菜はできるだけ大量に食べること、できるだけ「毒」の少ない食材を選ぶこと、グラスフェッドの肉を食べることなどをすすめている。とくにニュージーランドオーストラリアの牛などは牧草主体で育てられているようだ。

 とはいえ著者は、本書のノウハウは0か100かの方法ではなく、良いものを少しでも多く、悪いものを少しでも少なく摂るための道しるべだといっている(著者自身、本書のノウハウでは推奨できないポップコーンなども家族と映画を観たりするときには食べるという)。また、人はそれぞれ異なる生化学をもっているから、人がある食物を食べたときの反応は一様ではないとも。

 だから、神経質になりすぎることなく、できるだけ質のいいものを食べながら、自らの気分や体調の、良い変化や悪い変化をよく観察していくことで、自分にとっての最強の食事を見つけてほしい。

 最先端の食の百科事典ともいうべき本書の情報を、ぜひ有意義に活用していただけると幸いである。

(※この原稿は書籍『シリコンバレー式自分を変える最強の食事』から訳者あとがきを抜粋して掲載しています)

栗原百代


tree-mug-coffee.jpg


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180106-00154106-diamond-soci


名無しさん 

バターコーヒーでも断食でも、考えずに真似ると悲惨な結果になりそうです。
名無しさん 

先ずは余分な体脂肪を減らすぞ!という心構えが第一です。
あと、3日坊主でない実行力。
名無しさん 

このダイエット法の欠点は入手しづらいグラスフエッドのバターを用いる点だと思う。
名無しさん 

それなと思ったけど、ファミマが既に商品化してた







名無しさん

毎日500グラムも体重が減るなら
痩せたんじゃなくて水分が抜けただけ
よほど浮腫んでたんでしょうね
名無しさん

バターって言ったって、雪印とかのそこらで売ってるやつじゃないでしょ?
名無しさん 

ネオソフトで十分ですよ。
名無しさん 

グラスフェッドバターが高いけど、
普通のバターでは効果でなかった人の話もよく聞きます。
やるならきちんとケトン体を出せる状態にしないと、
バターコーヒーは以外と高カロリーだから逆効果になりますね。
名無しさん 

これはお腹がゆるくなって下痢をして痩せるだけ。
日本でも売っているダイエットコーヒーで便秘が解消されるパターンと同じ。
問題は脂肪を摂取しても空腹は解消できないけど、それに勝てる人がどれくらいいるかな。
名無しさん

下痢をして痩せる、とは違う気がします。
マグネシウムだったり、水溶性の食物繊維だったり、便通を極端に促す食材は無いと思います。
確かに、バターによる便秘解消は期待されるけれど、使用量も多く無いので、そこまでの強い作用は無いと思います。
名無しさん

北海道でも普通にバターを使った珈琲があるとか
神戸でも商標:バターブレンドコーヒー:が50年前からあるけど
常連でもデブの人いるよ
TN7 

コンビニで買って飲んだがヌメっとした
無糖でもバターの影響か苦さを感じなかった
痩せるかは知らないけど、とりあえず飲んだ感想
おっさん 

要は晩御飯を早い時間に食べる事だね
名無しさん 

バターコーヒーいいけど。あのパッケージはなんとかしてください。
名無しさん 

自分の体の状態を把握して、良いものを摂り悪いものを減らす…それができる人なら太ってないと思う。
e12

この手の翻訳記事でいつも思うのだが、アメリカのやりかたをどれだけ日本で実践可能なのだろうかと思う。基本役に立たない。
***** 

太っている人には良い機会だろうね、太って居る人を見ると理屈は上手いが行動力が鈍い。
 日本人近年太って居る人が多く見受けられる。
名無しさん

この記事バターコーヒー以外がきつそうで、それができるかって言われたら難しい。
名無しさん 

作者の元の体重100キロ超えてるんですが それは
暗黒卿 

普段から炭水化物抜いてる人はどうしたらいい?
井上真央美 

ど、どんな味になるのかしら?
名無しさん

日本で糖質を抜くのは難しい
 

食べすぎで疲れた身体にバターコーヒーとかいう重そうな飲み物を流し込みたいとは思わない
名無しさん 

去年の正月太りを解消できないまま、
今年も正月太りしました! (>_<)





名無しさん 

もはやバターコーヒーは減量に関係ないのでは?
ファスティングと低炭水化物だよね
名無しさん

脳はブドウ糖しか栄養にできず、心臓は脂肪しか栄養にできないと習った。
炭水化物そんなに減らして大丈夫なのか誰か教えて。
匿名 

そんなバターは日本にそんなにないし、
正直飲みたいと思えないコーヒーだわ
名無しさん

>プログラムに従った1日3食を2週間つづけ、朝食はバターコーヒーにする

これ単に「プログラムに従った1日3食」がポイントなんじゃないの…このプログラム+朝食を普通の日本食にした人と比較してほしいわ。
名無しさん 

おいおい!白米30グラムだとお茶碗半分程度じゃなく一口だわ!150グラムでお茶碗2~3杯もあるかい!お茶碗八分目しかないわい!
名無しさん 

食事の制限が出来るくらいなら最初から太らない。
ENA 

下痢するだけだしん
名無しさん 

いやいやw

>ダイエットのあらましは、プログラムに従った1日3食を2週間つづけ、

その「バターコーヒー」なる飲み物で痩せたのではなく、その食事制限で痩せたんでしょ??w
内容が薄すぎて笑えるわ
名無しさん

断言します、絶対に痩せることはありません!!
名無しさん 

「~するだけ」、「すぐ痩せる」は、絶対ウソ。
die2秒

何を食べた牛でもできるバターの成分は大差ない。”毒”というのも非科学的。
具体的にどういう成分を指しているんでしょうか。
科学的根拠に基づかないいい加減なダイエットは体に”毒”ですよ。

また、朝からベーコンにスクランブルエッグ山盛りで食べるアメリカ人が朝食抜けば痩せるのは当然。日本人がまねてもあまり意味ないかと。
名無しさん 

何を食べた牛でもできるバターの成分は大差ないって本当ですか?文献を示してもらえますか。
グラスフェッドバターは不飽和脂肪酸という記事を信じていましたが・・・。
die2秒 

どのバターも飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸は入ってますが。。。
名無しさん 

農耕民族やってきた体質に合うのかどうだか






関連記事

コメント一覧

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

よく読まれている記事

ブログパーツ