ナッツは健康食だがピーナッツとアーモンドミルクは要注意

 ナッツが世界中で長寿につながると注目されている。
『医者が教える食事術2 実践バイブル』でも最新の研究成果を根拠に、効果的なナッツの摂取を推奨している。ただし、ナッツなら何でもいいわけではない。添加物やカビのあるものなど摂取しないほうがいいナッツも店頭にはある。
 
 またピーナッツをナッツと勘違いしている人や、市販のアーモンドミルクを健康のために飲んでいる人もいるが、これにも落とし穴があるので注意が必要だ。今回は『医者が教える食事術2 実践バイブル』より、おススメ食材であるナッツの効果的な食べ方と、落とし穴を紹介する。



● ナッツのすごい健康効果が 世界的に注目されている


 最近、世界中で「体にいい」という研究結果が報告されているのが、ナッツです。

 例えば、アメリカのダナ・ファーバーがん研究所がハーバード大学公衆衛生大学院などと共同で行った研究結果によれば、一つかみのナッツを毎日食べる人は、まったく食べない人に比べ、20%も死亡率が低下したそうです。週に1回食べるだけでも、7%の低下が見られたというのです。(*1)

 また、2018年の『NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE』に掲載されたスペインの研究では、エキストラバージンオリーブオイルとナッツをたくさん使った地中海食を摂ることで血管性疾患が減ることも突き止められています。(*2)

 さらには、ナッツを多く食べると(1日67グラム)、総コレステロール値が5.1%、悪玉とされるLDLコレステロール値も7.4%低下することも報告されています。太る原因の中性脂肪も下がったそうです。(*3)

 「ナッツは太ってコレステロールが上がる」というのは大きな間違いなのです。私たち日本人も、もっとナッツを摂りましょう。連載の第5回の「チョコやナッツはニキビの原因」は真っ赤な嘘でも説明したように、ナッツを食べてもニキビが出るなど肌に悪影響は出ません。

 週に3~5回くらい食べるとして(週に7回でもかまいません)、まず1回の摂取量は約30グラムを目標とし、徐々にこの論文にある1日67グラムに増やしてゆくのがいいでしょう。

 アーモンド、ヘーゼルナッツ、クルミなどがミックスされ、30グラムくらいの小袋に分けられた製品も市販されています。それを鞄にしのばせておき、小腹が空いたときに食べるといいでしょう。


● ピーナッツは「ナッツ」ではない! 強烈な発がん作用のカビにも注意

 ただし、ナッツを選ぶときには、2つ大事なポイントがあります。

 1つは無塩のものを選ぶこと。もう1つは、カビに注意することです。ナッツ類につくカビが出すカビ毒は強烈な発がん作用を持ちます。

 なお、ピーナッツはナッツではなく正確には「種」ですが、食品成分的には「種実類」として同じくくりに入っています。

 ハーバード大学が2017年米国臨床腫瘍学会雑誌で行った発表では、大腸がん患者がナッツを多く食べる(1日アーモンド7粒)と、生存率が改善したと報告しています。しかし、ピーナッツにはこの効果は見られなかったそうです。(*4)

 したがって、ナッツは良くても、ピーナッツはあまりおすすめできません。というのも、今、日本で市販されているピーナッツ製品の多くが中国産で、製造過程が確認できませんし、塩がたっぷり振られているケースが目につくからです。

 ピーナッツを食べるなら国産の信頼がおけるものに留めておきましょう。


● 添加物だらけのアーモンドミルクは わざわざ飲む必要なし!

 もう1つ、今、人気上昇中の市販のアーモンドミルクもやめておいたほうがいいでしょう。いくつかの製品の成分を確認してみましたが、砂糖だけでなく、怪しげなものが混ざっています。

 健康にいいからと勘違いしてわざわざ摂取している人もいるようですが、あえて、飲む必要はありません。


 
(この原稿は書籍『医者が教える食事術2 実践バイブル――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方70』から一部を抜粋・加筆して掲載しています)

(*1)N Engl J Med 2013;369:2001-11
(*2)N Engl J Med 2018;378:e34
(*3)Archives of Internal Med 2010;170:821-27
(*4)J Clin Oncol 2018;36:1112

牧田善二


almond-3699730_640.jpg




https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190915-00214408-diamond-soci



11levanps 

アーモンドミルクがダメと書くなら、「怪しげな成分」と言わずに正確に何点のサンプルに何が入っていたのか説明してほしい。
これでは「アーモンドミルクはすべて危険」という暗黙のメッセージになってしまいますがちょっと無責任すぎませんか?
n? 

まとめ的に書いてる文で
長々とは読みたくない人もいるんだし
とっかかりわかったんだから
自分に関係あるなら自分で調べれば?
名無しさん 

ぶどう糖果糖液糖ですかね。
多くの加工食品に入っていますが…
名無しさん 

先日スーパーでよく見る外国のアーモンドミルクを何気なく買って、家で原材料を確認したら砂糖の含有量が最も多く、食塩と植物油脂も入っており、さらに「リン酸Ca、クエン酸K、安定剤(増粘多糖類)、乳化剤、ビタミンE、香料」とこれだけの添加物まで入っているのを知り、失敗したと思いました。個人的には摂取したくない。

通販になりますが、国内製造で無添加のアーモンドミルクを見つけて、そちらを購入しています。値段はもちろん違いますが、味も安心感も違います。

続きを読む…

食生活 ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

死亡リスク高める糖質制限 「炭水化物が3割以下」は危険

 根強く今も流行り続けているのが「糖質制限ダイエット」。手っ取り早くやせられるので実践する人が多いが、リバウンドもしやすいため、“万年ダイエッター”を増加させる要因にもなっている。

 長期間、糖質を制限することのデメリットはあまりに大きい。

 国立国際医療研究センターによると、心疾患や腎臓病を含む総死亡率は、高糖質の人と比べて低糖質の人の方が31%高かった。米ハーバード大学が25年間にわたり行った調査でも、最も死亡率が高いのは、食事に占める炭水化物の割合が3割以下の人だったという。工藤内科ダイエット外来の医師・工藤孝文さんが話す。

「通常、成人は1日に必要なカロリーの6割を炭水化物から得ます。そのため、主食を絶ったりするとカロリーが減りすぎてエネルギー不足に陥ります。

 ふらつきやめまいなど日常生活に影響が出るだけなく、筋肉が落ちて、気がつけば見た目はスレンダーでも筋肉はスカスカ、代謝も落ちて悪循環、という状況に陥る。これは“隠れメタボ”の状態で、中性脂肪が体内にたまり、心臓病脳卒中を招いてしまうのです」

 肥満指数のBMI値で見た研究でも、BMIが高い人より低い人の方が死亡リスクが高いという研究結果がある。女性の場合、BMI19以下になると死亡リスクが61%も上昇するという。

 健康寿命を延ばそうと糖質制限をしているのに、かえって寿命を縮めてしまうのでは本末転倒だ。

※女性セブン2019年9月12日号

IMG_9123-1080x720.jpg 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190901-00000008-pseven-life

netone 


だって筋肉が萎えきった人が『痩せた〜い』なんて言って糖質制限しているんですよ?
肌にはハリも無くくすんだ肌色して見るからに不健康そうです。
女性で細いのに二の腕がプルプル揺れる人、そういう方は筋肉が足りないのです。
ある程度糖質を取り、運動しなければ糖の代謝機能が落ち過ぎて、妊娠糖尿病や高齢になってからの糖尿病のリスクが高まります。

一週間に一回でもいいので、筋肉痛が起きるぐらいの筋トレした方がいいです。
そして糖質もしっかり取る事。
1食あたりコンビニのオニギリ1個分なら多いとは言えません。
お菓子を食べないで御飯をしっかり食べる事、健康的な体を作るのは自分のためです。
って言っても若い人は分からないんですよね。
アラフォーになってからしみじみ痛感してください。
そこからでも遅くは無いから。

続きを読む…

食生活 ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

よく読まれている記事

ブログパーツ