20代女性の7割が梅雨に不調…肩こり・腰痛・生理痛など、低気圧が影響

 梅雨の時期には、低気圧の影響で、女性の多くが肩こりなどの不調を感じ、20代の7割が症状を訴えていることが、医師などでつくる「ウーマンウェルネス研究会」(東京)の調査で分かった。同研究会は、首もとを温めるなどの対策を呼びかけている。


 調査は今年3月、首都圏の20~59歳の男女609人を対象に、インターネットで実施した。「梅雨の低気圧の時に不調を感じる」と答えた人は、女性は59%、男性は43%。女性を年代別でみると、20代が69%で最も多く、次いで40代の61%、30代の56%だった。20代女性で、梅雨の時期に特に「肩こり」を感じると答えた人は9割に上った。

 低気圧で特に女性が不調を感じやすい理由について、「せたがや内科・神経内科クリニック」院長の久手堅司さんは、筋肉量の少なさや貧血などの要因があると指摘。雨と晴れ間との寒暖差、長雨による多湿などでも女性は自律神経のバランスが崩れ、肩こりなどが悪化しやすいという。

 同研究会は対策として、蒸しタオルや温熱シート、ストールで肩や首もとを温めることや、耳たぶの上を水平方向に引っ張るなど、耳周りのストレッチで血流を良くすることをすすめている。

 「低気圧女子の処方せん」の著書がある気象予報士の小越久美さんは、「肩こり以外にも、腰痛や生理痛などが低気圧の影響で引き起こされる女性も多い。夏は台風などの低気圧や、局地豪雨の前後で起きる気圧変化にも注意してほしい」と話している。


a0002_007585.jpg 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190629-00010000-yom-sctch



名無しさん 

20代に限らず、男女に限らず苦しんでいる方々います。自身も経験者です。
この辛さは経験してみないとわかりません。
お身体ご自愛下さい。
名無しさん 

50代の男ですが、6月になって腰と肩の不調で2週間会社を休んでしまいました。
これは男女や年齢はあまり関係なく、やはり気圧や天候等が関係していると思われます。
さらに、悩み事のある方やメンタル系が弱っている方は、もっと影響があるとも感じています。
こういう時ですので、皆さんあまり頑張りすぎないようにしましょうね。
名無しさん 

なんでこういう記事って女性目線でしか書けないのかね?
男性にだって同じような症状の人はたくさんいて、しんどい思いしてるのにな。




続きを読む…

筋トレのおかげで太らなくなる4つの理由

運動不足だと年1%ずつ筋肉は減る。体重70kgならワインボトル1本分だ。
筋トレはその減少にストップをかけるだけではない。カラダの中身に革命を起こす。
体脂肪の燃焼を促して贅肉を追い出し、ホルモンや自律神経といった体内環境にも良い影響を与えて二度と太らない体質に急接近できるのだ。

1. 代謝が上がって体脂肪が燃えやすくなる。

太るか痩せるかを決めるのは、何よりもエネルギー収支。食事から摂るカロリーと、運動などで消費するカロリーの収支が黒字になれば太り、赤字になれば痩せる。

エネルギー収支を赤字にする鉄則は消費カロリーの増量。消費カロリーの60%を占めるのは、じっとしているときでも消費する基礎代謝。その30%ほどを担うのは、他ならぬ筋肉である。筋肉は安静時でも体温維持のために熱を作り出しているのだ。

運動不足で筋肉が減ると基礎代謝と消費カロリーがダウン。エネルギー収支が黒字に傾きやすく、太りやすい。筋トレで筋肉を増やすと基礎代謝が上がり、エネルギー収支が赤字に傾きやすく、痩せやすくなる。

筋肉1kg当たりの1日の代謝量は脂肪組織の約3倍に当たる13キロカロリー。筋トレによるホルモンや自律神経の変化を踏まえると1kgで30~50キロカロリー近く代謝は上がる。それが消費カロリーを押し上げると、食べても太りにくくなるのだ。

2. ホルモンで太らないカラダになる。

筋トレで筋肉を刺激すると脳から成長ホルモンが分泌される。かつて成長ホルモンはもっぱら筋肥大にタグ付けされていたが、現在では体脂肪を分解する働きの方がクローズアップされており、その効果は筋トレ後最大48時間も続くとか。筋トレ後に普通に生活するだけで、分解された体脂肪が消費されやすいのだ。

加えて筋肉そのものからも、太らない肉体へ導くホルモンのような物質が出ている。たとえば、筋肉から分泌されるインターロイキン6(IL-6)は糖質と脂質の代謝を改善する作用がある。

また最近注目されているのは、筋肉が分泌するサルコリピンというタンパク質。筋肉の収縮に関わるカルシウムポンプを調整する機能は以前から知られていたが、筋肉が活動していないときでもカルシウムポンプを無駄に回してエネルギーを浪費して熱を生み出しているとわかったのだ。

IL-6もサルコリピンも、筋肉が増えるとそれだけ分泌が増えてボディは絞れてくる。

3. 太りにくい筋肉の質に変わる。

筋肉は、パワーに優れた速筋線維とスタミナに優れた遅筋線維を適度にブレンドしたもの。このうち筋トレで鍛えられるのはおもに速筋線維。速筋線維は遅筋線維よりも加齢で衰えやすいが、筋トレはその傾向にストップをかけてくれる。

そして筋トレをすると速筋線維の質が変わる。安静時に体脂肪を燃やしやすくなるのである。

変質の鍵を握っているのはUCP-3という特殊なタンパク質(脱共役タンパク質)。UCP-3は、筋肉内でエネルギーを作り出しているミトコンドリアの膜を貫通している。その働きは、安静時に体脂肪から分解された脂肪酸を空焚きして熱を発生させること(これが前述のように基礎代謝の30%ほどを占める)。

筋肉が肥大するくらいの高負荷な筋トレを続けていると、速筋中でこのUCP-3が増えると判明している。逆にランなどの有酸素運動をやりすぎるとUCP-3が減る場合もあるから、有酸素の頑張りすぎは禁物。

4. カラダが変わるから運動のモチベーションが高まる。

あらゆる運動は継続しないと成果は出ない。たとえ期待した結果が得られたとしても、ワークアウトをやめてしまうと元の木阿弥。一般的にはトレーニングした期間より、短い時間で元に戻るとされている。

そう聞くと鍛える前からうんざりしそうだが、筋トレにはやる気スイッチを入れて一生続けたくなる理由がある。ボディラインの変化だ。

太らないカラダ作りのために筋トレに励んでいると、緩んだボディラインにメリハリが生じて細マッチョな逆三体型に近づける。アスリートはよく「練習は裏切らない」と言うけれど、筋トレだって裏切らないから、やればやるほどボディラインは目指す姿に近づいてくる。変貌ぶりがはっきり目に見えるから、気持ちが折れずに高いモチベーションを保ちながら筋トレが続けられる。

筋肥大には2~3日おきに週2~3回ペースで鍛えるのが理想だが、ベストなボディを手に入れて体型を維持するだけなら週1回でもOKだ。

取材・文/石飛カノ(初出『Tarzan』No.749・2018年9月13日発売)

BO15103017151030175471_TP_V.jpg 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190623-00010000-tarzanweb-life



名無しさん 

おじさんは「貯筋」目的で頑張ってます
バッキバキよりも、長く続けて動ける体
そして、老後への備え
自重トレですが楽しみながらコツコツやってます
名無しさん 

トレーニングするという意識が太らなくなる要因だと思う。
少しの運動と食事制限
これを持続させようと意識する何か。
名無しさん 

今は健康でありたいからやってるけど、10年前は百貫デブだったからただ痩せたいだけだったな。
ある程度の強度は必要だけど、ムリせずにマイペース。
コレで20㌔減量して今なお維持できてる。
名無しさん 

50歳から筋トレ初めて7か月目です。
30代前半だったころは少し筋トレと有酸素運動すれば簡単に体型が変わりましたが50歳にもなると結果が出にくいです。

今回もダイエット目的で始めたんですがモチベーションが保てず、食事制限はすぐに解除してしまったので3カ月で10キロ痩せてたのに体重はスタート時点に戻ってしまいました。

しかしその分、筋トレを必死に毎日続けたおかげで体調は良くなりました。
血液検査でもコレステロール値とA1Cが正常値まで下がり、膝痛や肩こりも改善。
体型はあまり見た目変わった感じではないが二の腕や大胸筋、大腿部、臀部、ふくらはぎが太くなりました。
また基礎代謝が上がったのかちょっと動くだけで汗が噴き出ます(笑) 
ジャガイモを毎日1KG食べてます。炭水化物を好きなだけ大量に食べてます。食パンを毎日ご飯とは別に6枚食べます。水分も毎日4Lは飲みます。
名無しさん 

筋トレって一口に言っても、人それぞれ目的は違うし目標も違う。
どの部位がどうなってほしいのか、理想はなんなのか、それによって筋トレ方法もかなり変わってくる!
必要最小限で短時間トレーニングからアスリート急な連続負荷をかけつづけて行うトレーニングまで多種多彩!
要は、どーなりたいか。




続きを読む…

筋トレ ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

週末の寝だめにリセット効果なし? 肥満と糖尿病のリスク高める可能性

 平日に十分な睡眠を取ることが難しい人が、「週末にたっぷり眠って、少しでも健康を取り戻したい」と思うのは当然かもしれません。しかし、週末の寝だめが、肥満と糖尿病のリスクを高める可能性があることが、米国の若い成人を対象とする研究によって示唆されました。

●睡眠不足が続いた後の寝だめは、健康への害をリセットできる?

 睡眠不足は、日中の食べすぎや、体内時計の遅れを引き起こし、それらは、肥満とインスリン感受性の低下にも関係することが示されています。

 ◇ ◇ ◇ ◇
【インスリン感受性とは】
 血液中のブドウ糖を細胞内に取り込む(=血糖値を下げる)働きをするインスリンが、膵臓から適切な量分泌されている場合に、その作用が十分に現れているかどうかを示す言葉。インスリンの作用が十分に現れている場合は「インスリン感受性が高い」と言い、反対に、インスリンの効果が十分に得られない場合は「インスリン感受性が低い」または「インスリン抵抗性が高い」と言う。インスリン感受性が低い状態が続くと、膵臓のインスリン分泌機能が低下し、血糖値が上昇して、糖尿病(2型糖尿病)を発症する。
 
◇ ◇ ◇ ◇


 米国睡眠医学会などは、18~60歳の成人に対して、健康のために毎日7時間以上の睡眠をとることを推奨しています。しかし米国では、約35%の成人の睡眠時間がそれより短く、約30%の人が6時間未満しか眠っていないと推定されています。平日の睡眠不足を補うために、週末にはできるだけ睡眠を取る人が多いと考えられます。

 これまでにも、「週末の寝だめに、睡眠不足の有害な影響を和らげる効果があるのかどうか」を調べる研究は行われてきました。それらの研究では、評価指標としてインスリン感受性、炎症性たんぱく質の血中濃度、血圧などを用いていましたが、得られた結果はまちまちで、週末の寝だめの健康への利益を明確に示せてはいませんでした。

 そこで今回、米コロンビア大学ボールダー校などの研究者たちは、BMI(体格指数)が正常域にある健康な若い成人36人(男性18人、女性18人、平均年齢25.5歳)を対象に、睡眠不足が続いた後の寝だめが、体内時計と、エネルギー摂取、体重、インスリン感受性に及ぼす影響を検討しました。

異なる睡眠パターンを9日間実行し、影響を比較

 参加者は、以下の3群に無作為に割り付けられ、指示された睡眠を9日間継続しました。

1)対照群(9時間眠ってよい):8人

2)短時間睡眠群(平日と週末の区別なく毎日5時間睡眠に制限):14人

3)週末寝だめ群(平日は5時間睡眠だが、金曜夜から週末の間は好きなだけ眠ってもよい。その後2日間は再び5時間睡眠):14人

 試験開始前の3日間は、全員に9時間眠る機会を与えて、通常の睡眠習慣(本人の体内時計)に従って眠るように指示したところ、平均8時間程度の睡眠をとっていました。

 試験開始前はカロリーをコントロールした食事を提供し、試験中は食べたいだけ食べられる環境を提供しました。体内時計のずれは、試験開始前日と開始から8日目に、24時間の血中メラトニン(*1)濃度を測定して評価しました。インスリン感受性は、試験開始日と試験終了日に評価しました。

*1 メラトニン:脳の松果体から分泌されるホルモン。血中濃度は夜間に高く、昼間は低く、その変化には明確なリズムが見られる。夕方から夜にかけて分泌が始まり、全身の細胞に夜が来たことを知らせて、睡眠や休息を促す。

●週末寝だめ群は体重が増え、インスリン感受性が低下

 対照群は、試験期間中毎日8時間程度眠っていました。短時間睡眠群は一貫して5時間弱で、試験開始前より有意に短くなっていました。

 一方、週末寝だめ群は、平日の睡眠時間は5時間弱で、試験開始前に比べ有意に短く、週末の睡眠時間は有意に長くなっていました。金曜と土曜の夜から翌朝にかけては、どちらも9~10時間程度眠っていましたが、日曜の夜から月曜朝にかけての睡眠時間は6時間だったため、週末の3夜を合わせた睡眠時間は対照群に比較べ1.1時間長いに留まりました。

 エネルギー摂取の総量は、どのグループも試験開始前に比べ増加していました。対照群と短時間睡眠群では試験期間中のエネルギー摂取量は一定でしたが、週末寝だめ群では週末に減少していました。夕食後のエネルギー摂取の総量に注目して比較すると、対照群に比べ短時間睡眠群と週末寝だめ群(週末を除く)では多くなっていました。

 体重は、試験開始前に比べ全ての群で増加していましたが、統計学的に有意に増加していたのは、短時間睡眠群(1.4kg増加)と週末寝だめ群(1.3kg増加)でした。

 体内時計の遅れは、夕方から夜にかけてメラトニンの分泌が始まる時刻を指標に評価しました。週末寝だめ群では、試験終了前日にはメラトニンの分泌が始まる時刻が1.7時間程度遅くなり、朝方に分泌が抑制される時刻も1.4時間程度遅くなっていました。短時間睡眠群でも、分泌が始まる時間に有意な遅れが見られました。

 インスリン感受性は、短時間睡眠群と週末寝だめ群で低下していました。全身のインスリン感受性は、短時間睡眠群で13%低下、週末寝だめ群で27%低下していました。さらに週末寝だめ群では、筋肉のインスリン感受性も有意に低下し、肝臓のインスリン感受性も低下傾向を示しました。

 以上の結果から、週末の寝だめは、体内時計の遅れを加速させ、体重を増やし、全身のインスリン感受性に加え筋肉と肝臓のインスリン感受性の低下も引き起こす可能性が示唆されました。

 論文は、Current Biology誌2019年3月18日号に掲載されています(*2)。

*2 Depner CM, et al. Curr Biol. 2019 Mar 18;29(6):957-967.

Profile
大西淳子(おおにしじゅんこ)
医学ジャーナリスト
筑波大学(第二学群・生物学類・医生物学専攻)卒、同大学大学院博士課程(生物科学研究科・生物物理化学専攻)修了。理学博士。公益財団法人エイズ予防財団のリサーチ・レジデントを経てフリーライター、現在に至る。研究者や医療従事者向けの専門的な記事から、科学や健康に関する一般向けの読み物まで、幅広く執筆。

AMI88_ohanataoreru_1-thumb-autox1600-16236.jpg 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-43426998-gooday-hlth

名無しさん 

仕事頑張って休みくらいはゆっくりするのが幸せ。
健康は知らんがストレスは明らかに改善するよ。
寝れる時寝ないと逆に死んでしまいます。
名無しさん 

精神衛生上の影響も加味して、長期で見ないと何が良いかは判断できないと思う。
生活習慣病と言ってるものはメンタルヘルスの影響がとても大きいと思うから。
休みの日は、許されるのであれば体と心が欲するままに眠った方がいいんじゃないかと素直に思う。
何十万年もかけて出来上がった体の仕組みは、安易に否定すべきでないのではないか。
名無しさん 

疲れている時は寝る。
時間でなく、疲れがとれる良い睡眠かどうかが問題。
不眠は健康によくない。
名無しさん 

睡眠不足の次の日はよく寝れる。
休みの日は目覚ましかけないで、目がさめるまで寝た方がいい。
昼間寝たら夜寝れなくなるからやめた方がいいけど。

続きを読む…

ご飯、パン、ラーメン、「白い主食」は老化の一因になる。

 おそらく『LIFE SHIFT』(リンダ・グラットン、アンドリュー・スコット 著、池村千秋 訳、東洋経済新報社)の大ヒットがきっかけだったのではないかと思うが、「人生100年時代」という考え方もいまやすっかり浸透した。
『人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 病気にならない100の方法』(藤田 紘一郎著、光文社新書)の著者が本書の冒頭で取り上げているのも、まさにこの問題だ。

今、日本人の平均寿命ののびは著しく、多くが一〇〇歳まで生きると予測されています。
米国カリフォルニア大学とドイツのマックス・プランク研究所の人口学者たちが、「二〇〇七年生まれの寿命」を国別に比較した表があります。

 それによると、世界でダントツの平均寿命ののびを誇る日本では、二〇〇七年生まれの子の約五〇パーセントが一〇七歳まで生きるだろうとみられています。つまり「人生一〇〇年時代」はもう間もなくスタンダードになるということです。(本書「はじめに」より引用)

 79歳になり、後期高齢者と呼ばれる世代に入って、「この先も健康に自分らしくすごせるか」ということにいちばん関心があるという著者にとっても、他人事ではない問題だということだ。

「人生100年時代」の到来をうれしく感じるか否かについては、いろいろな考え方があるだろう。しかし、いずれにしても死なないのであれば生きていくしかなく、せっかく生きていくなら病気になってつらい思いなどしたくはない。自立して好きなことをできる程度には、健康でありたいと感じて当然であるわけだ。

 そのため著者はここで、「私たちが健康で幸せに歳を重ねるためには、いま、何が必要なのか」に焦点を当てている。「食事編」と「生活習慣編」に分け、100項目を紹介しているのである。

 今回は「食事編」の冒頭に登場する「白い主食を減らす」という項目をクローズアップしてみたい。

「あたたかいご飯にふりかけさえあれば、何杯でもいける」という白ご飯派は多い。同じく、「パンが大好き」「ラーメンがなければ生きていけない」という声も少なくない。

ところが、それら「白い主食」は老化の一因になるのだと著者は指摘しているのである。

 いま、老化の原因として、もっとも恐れられているのは「糖化」なのだという。糖化とは、たんぱく質に糖質が結びつき、たんぱく質が劣化する反応のこと。

 ご存知のとおり、私たちの身体はほとんどがたんぱく質でできている。身体のたんぱく質に糖質が結びつくと、体内の熱を使って反応が進み、「シッフ塩基」という物質ができる。著者いわく、ここが糖化のスタート地点だ。

 このスタートしたばかりの糖化物質に、さらに糖が結びつくと「アマドリ化合物」というたんぱく質に変質する。ただしこのアマドリ化合物までなら、糖の濃度(血糖値)を下げれば、もとの正常なたんぱく質に戻すことが可能。

 しかし、ある程度の期間、アマドリ化合物が高濃度の糖にさらされてしまうと、身体にとって非常に困ったことが起こるのだそうだ。本来のたんぱく質とは似ても似つかない、「糖とたんぱく質の化合物」がつくられてしまうというのである。「AGE(終末糖化産物)」がそれ。

 AGEは、身体の老化を早める最悪の元凶として、今、医学会が注目する悪玉物質です。
一度生まれたAGEは、決してもとのきれいなたんぱく質に戻りません。そして、身体のいたるところで老化を引き起こし、ボロボロにしていくのです。
「最近、○○の調子が悪くて。老化かしら」
と、あなたが感じている「○○」の部分。それはもしかしたらAGEの蓄積によって老化現象が進んでいる表れかもしれないのです。(本書19ページより引用)

 では、糖化をコントロールするためには、具体的にどうすればいいのだろう? この問いに対する答えは、糖質を大量に含むものを、できるだけ食べないこと。つまり、これが先に触れた「白い主食」の話題につながっていくわけだ。

 糖質は、主食となる穀類に多く含まれます。とくに糖化を進めやすいのは、食物繊維をきれいにそぎ落とした白い主食です。白米、パン、麺類などです。(本書19ページより引用)

 このような白い主食は、腸での消化吸収が早く、血糖値を急激に高めるのだという。そのため食事のたびに白い主食を大量にとってしまうと、糖化が急速に進んでしまい、老化の原因であるAGEを増やすことになりかねないということである。

 子どものころには、「元気な子はご飯をたくさん食べる」というような考え方が一般的だったのではないだろうか。しかし年齢を重ねたいまだからこそ、より現実的に考えてみる必要があるのかもしれない。

 そういう意味でも、こうしたトピックスが満載された本書を参考にしたいところだ。

a0002_010943.jpg


『人生100年、長すぎるけどどうせなら健康に生きたい。 病気にならない100の方法』
藤田 紘一郎著
光文社新書
定価(本体760円+税)
2019年5月発売

文/印南敦史
作家、書評家、編集者。株式会社アンビエンス代表取締役。1962年東京生まれ。音楽雑誌の編集長を経て独立。複数のウェブ媒体で書評欄を担当。著書に『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)、『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』(KADOKAWA)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』などがある。新刊は『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)。


https://headlines.yahoo.co.jp/cm/articlemain?d=20190610-00010000-seraijp-life

続きを読む…

食生活 ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

お腹の脂肪燃焼には筋トレが不可欠。12年以上の研究で明らかに

 腹筋をするだけではお腹周りの脂肪を減らすことはできません。

 しかし、ハーバード大学の研究によって、筋力トレーニングを増やすことが、有酸素運動を行うことや運動を全くしない場合に比べると、ウエストラインに一番大きな効果をもたらすということがわかったのです。

 Obesityで発表された研究では、ハーバード大学の研究者が1万500人の40歳以上の健康な男性を対象にし、身体活動や胴囲、そして体重を12年以上(1996~2008年)にわたって比較を行っています。

 Ergo Log氏がその調査結果を報告しました。

「研究者が被験者の男性を観察した12年の間に、男性のウエストの値は平均で6.6cm増加しました。その中で、筋力トレーニングを行った被験者の増加分は3cmでした。

 この研究によれば、中程度から激しい有酸素運動を標準とされる量だけ十分に行っていようがいまいが、ウエストの値は増加しているとのことです。

 また研究を行った12年間、被験者が1日30分の有酸素運動を行うかわりに、1日20分の筋力トレーニングを行っていたとしたら、胴回りをさらに0.34cm縮めることができたのではないかと、研究者たちは推測しています。

 1日30分テレビを観るかわりに、1日20分の筋力トレーニングを行っていれば、さらにいい結果が出ていたでしょう。

 そうすればウエストを0.76cm減らすことができたかもしれないのです」

 おそらく驚くことではないでしょうが、テレビの視聴といった座ったまま行う行為を増やした人には、ウエストラインに大きな増加がありました。

「胴囲は体重よりも優れた健康のバロメーターです」と研究リーダーのRania Mekary氏は言います。

 有酸素運動が心臓やその他の健康に大事であることに変わりはありませんが、健康的なウエストラインを保ちたいというのであれば、筋力トレーニングをもっと取り入れましょう。

 1日10分、週3回でもいいのです。

Image: Dragon Images/ shutterstock

Source: Using weights to target belly fat|Harvard Gazette via Ergo-log

Melanie Pinola [ 原文 ]

訳: コニャック


tibout-maes-705932-unsplash.jpg 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190518-00010004-biz_lifeh-sci



名無しさん 
近道は、ないということ。
名無しさん 
さらっと書いてあるが一日20分の筋トレは相当キツい
2秒に1回のペースで腕立てすると600回できる換算だ
名無しさん 
こういうライトなネタに飛びつく人は、そもそも、継続的に身体を管理することはできない。
名無しさん 
筋トレしなくても腕ブンブン振って大股でウォーキング毎日一時間やれば、お腹周りなんかジジババでもちゃんと減るよ。ひと月続けたら結構減る。背中の肉とかも。お腹周りは意外と早くなくなる。30分でもかなり減ると思う。
減って欲しいのに全然減らないのは、二の腕とふくらはぎ。色々やったけど、全然ダメだったな・・・

続きを読む…

筋トレ ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

よく読まれている記事

ブログパーツ