インフルエンザやノロウイルスを”腹巻”で防ぐ

1 :みつを ★:2020/01/09(木) 05:48:42.48 ID:+WCr5iDz9.net

https://weathernews.jp/s/topics/202001/080125/

インフルエンザやノロウイルスを”腹巻”で防ぐ

2020/01/09 05:41 ウェザーニュース

 インフルエンザやノロウイルスなどの予防策として、”腹巻”が注目されていることをご存知ですか? 
 

免疫細胞の60%以上が腸に

「腸には、免疫の働きを担う細胞や、侵入者の細菌・ウイルスと直接戦うタンパク質(免疫グロブリンなど)が体全体の60%以上存在しています。そのため腸管免疫力と呼ばれて注目されているのです。しかし、腸内の温度が36℃を下回ると免疫細胞などの働きが低下して、感染症にかかりやすくなってしまいます」と語るのは、草間かほるクリニック(東京都港区)の草間香院長です。


 腸が冷えているかどうかを簡単に調べるには、朝の起床時にワキの下に手を入れ、その手でお腹に触れてみて、ワキの下より冷たければ腸が冷えている可能性があるそうです。

 
感染するか否かは免疫力の差

 「冷えた腸を手っ取り早く温めてくれるのが温かい飲み物と腹巻です。腸を温めると腸管免疫力がアップして感染症にかかりにくくなります。冬はインフルエンザ患者に接する機会が増えますが、同じ環境でもインフルエンザに感染する人と感染しない人がいるのは、免疫力の差によります」(草間院長)

インフルエンザと並んで冬に流行するのがノロウイルスです。ウイルスが付着した食べ物から感染する“食中毒タイプ”と、空中にまき散らされたウイルスを吸って感染する“空気感染タイプ”がありますが、どちらも免疫力が高ければ感染しにくくなると言います。

 
腹巻はクセになる?


 「腹巻はクセになるからと言って敬遠する人がいます。使い始めると、腹巻を取ったときに腹痛や下痢などお腹を壊す人がいるのは確かです。それだけ腹巻の効果があるわけで、腸管免疫力が確実にアップする証拠とも言えます」(草間院長)

最近の腹巻は、薄手の吸湿発熱繊維を使ったものもあります。腹巻をつけていてもお腹まわりを気にせずすむので、1年中つけることができます。色やデザインも豊富で、中には見えても構わない腹巻もあるほどです。

毎年のようにインフルエンザに感染する、一度ならず、二度、三度とノロウイルスにかかったという人は、今シーズンこそ腹巻で自衛してみてはいかがでしょうか。


https://smtgvs.weathernews.jp/s/topics/img/202001/202001080125_box_img1_A.jpg?1546587770


haramaki_man.png




5 :

昭和の親父はみんな腹巻きにステテコだったよな



11 :

冷たい飲み物を避けるようになったら風邪ひかなくなったわ。たぶん腹巻も効果あるよ。



13 :

太ったら風邪惹かなくなった。
マジで



28 :

>>13
オレ逆にダイエットしたら風邪ひきましたわ



続きを読む…

ファスティング(プチ断食)は本当に健康にいい?

1 :しじみ ★:2018/06/07(木) 02:15:56.79 ID:CAP_USER.net

■ハードル低めの「断食風ダイエット」、
ファイスティングの健康効果に専門家も注目しているが、拒食症や過食症のリスクが

食べたい物を食べながら、健康な体とスリムな体形、長寿を手に入れたい――。
そんな願いをかなえてくれそうなのが「インターミッテント・ファスティング(断続的断食)」。

確かに魅力的だけど、ちょっと信じられないって? そう思うのも無理はないが、
これが最もヘルシーな食事法である可能性を示唆する証拠は増えている。

インターミッテント・ファスティングは食事の時間を限定する食事法の総称だ。
例えば一般的な「5:2ダイエット」はカロリー摂取量を週2日だけ500キロカロリーに制限し、残り5日間は推奨量に戻す。
「16:8ダイエット」は1日の食事を8時間の枠内に制限。「日替わり断食」は普通の食事と断食を1日おきに繰り返す。

こうしたプチ断食は減量のほか、心臓病や癌のリスク低下、
寿命の大幅な延長など健康面で多くの効果が確認されてきた。
アラバマ大学バーミングハム校の研究者らは最新の研究で、
糖尿病予備軍の男性8人を対象に1日の食事を早い時間に済ませる
「eTRF(early time-restricted feeding)」の効果を検証した。

最初の5週間は食事できる時間枠を1日6時間とし、最後の食事は午後3時までに終了。
さらに2週間のリセット期間を挟んで、食事できる時間枠を1日12時間に拡大して5週間、
計4カ月にわたって実験を行った。こうした臨床実験では珍しく、必要に応じてスカイプも利用し、
毎回食事の様子を観察した。


■意志の強さが試される

その結果、eTRFは糖代謝率を向上させ、インスリン感受性(インスリンの働きやすさ)も高めるらしいことが分かった。
血圧と酸化ストレスも低下した。いずれも体重は落とさずに、だ。

今回の実験は小規模だが、最近提唱されたeTRFを人間で検証した初のケースであり、
また非常に厳密で管理された実験手法も栄養学の研究としては異例だと、
ロンドン大学ユニバーシティーカレッジ(UCL)健康加齢研究所の
ジェームズ・キャターソン(今回の実験には関与せず)は指摘する。

これまでの研究でも、断続的な断食の効用は多くの生物で認められていると、キャターソンは言う。
「バクテリア、イースト菌、線虫、マウスなどで断続的断食による健康・長寿効果が認められる」

WHO(世界保健機関)が肥満を21世紀最大の公衆衛生上の課題の1つと位置付ける時代だけに、
研究者や臨床医は興奮気味だ。「こうした方法なら、食べられない時間は1回連続24時間までなので、
それほど口寂しさを感じずに済む」と、英栄養士会のリニア・パテルは言う。
「この種の食事パターンなら、カロリーの低い食事ばかりで代謝が落ちるのを予防する効果も期待できる」

「FMD(fasting-mimicking diet)」と称する「断食風ダイエット」では意志の強さが試される。
5日間のうち初日は1日1100キロカロリー未満、2~5日目は500キロカロリー前後に制限するもので、
1年間に2~3回実践するだけで断続的断食の効果が期待できることが、南カリフォルニア大学の研究で分かっている。

しかし、専門家らは慎重だ。「『結論を下すのは、生活習慣の違いも考慮に入れた、
より厳密で大規模な研究が行われてからにすべき』というのがコンセンサスになっているようだ」と、
キャターソンは言う。現状では断続的断食は、
健康を害するほど太っている人に特にメリットのある食事制限の1つにすぎないという。

magw180605-fast-thumb-720xauto_202001040033571c1.jpg 

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10313.php
続く)


2 :しじみ ★:2018/06/07(木) 02:16:12.55 ID:CAP_USER.net続き)>>1

■長期的な効果は未確認

例えばアメリカ心臓病協会は17年1月30日付の声明で、
断続的断食は1日に少しずつ何度も食事をするのと同じく短期的には心臓にいいという研究結果があることを認めている。
しかし、長期的な効果については研究の余地があるとクギを刺した。

「早い時間にたくさん食べて夜は控えめにするほうが健康にいいというのは理にかなっているが、
研究はまだ行われていない」と、声明の代表著者は指摘する。
実験の参加者が食事内容を常に正直に報告しないと信頼できる証拠が得られない点も問題だという。

断続的断食が健康にいいと証明されたとしても、実践するのは簡単ではない。
永遠に続くかのような断食に比べればましだろうが、
「ごちそうの日」だからといって体に悪い飽和脂肪酸や糖分たっぷりの食事を好きなだけ食べていいわけではない。

「ジャンクフードを食べたり大食いしたりすれば、断食のメリットはない」と、パテルは警告する。
不健康な食生活が長く続けば、ビタミンやミネラルのバランスが崩れかねない。

「断食」や「ごちそう」という言葉自体も問題だと、キャターソンは言う。
食べ物を勝手な判断で「いい食品」と「悪い食品」に二分することで、拒食症や過食症につながる恐れがあるからだ。

野菜や果物、全粒穀物、豆類、低脂肪の乳製品、タンパク質の多い食品(鶏肉、魚、脂肪の少ない赤身肉、卵など)、
食用脂肪(オリーブオイル、アボカド、ナッツ類など)といった食品を中心に食べるのが一番だと、パテルは言う。

長期的な健康管理のカギは、自分の体と自分のライフスタイルに合った食習慣を見つけることだ。言うまでもないが、
新しい食習慣を取り入れる場合は医師に相談すること。
糖尿病や消化不良に悩んでいる人や摂食障害の経験者はなおさらだ。

結局のところ、野菜を食べてジャンクフードは避けるのが一番というわけだ。

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/06/post-10313.php



3 :

空腹に負けてついつい無駄飯食いそうになったときには
金を払って醜い体になるのか?って自問すると効果的。



続きを読む…

食生活 ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

プロテイン(タンパク質)過剰摂取の顛末…摂りすぎると副作用はあるのか

 タンパク質は、このところ主要栄養素の中で最ももてはやされ、さらに…実際に愛されています。筋力トレーニングをルーティンにする方には特に…。
 
 「体重を減らしたければ、タンパク質の摂取量を増やすように!」や、「こういう風に筋肉を増強したいのであれば、より多くのタンパク質を摂取しよう!」と、一般的な生活の中でもタンパク質の重要性が叫ばれるようになりましたので…。


◇当然、タンパク質は重要な栄養素

 事実として、タンパク質は主要栄養素として、もちろん重要なものです。

 米国サウスダコタ州スーフォールズの登録栄養士であり、管理栄養士のエイミー・クバルさんはこう言います。「タンパク質は、筋肉の構成要素であるアミノ酸で構成されています。筋肉を保存、修復、成長させるためにも、食事にはタンパク質が不可欠なものです」とのこと。

 しかし一方で、重要な栄養素がゆえに摂取しすぎてしまうこともあるそうです。 「タンパク質が含まれたものは、何でも食べ過ぎてしまう傾向にあります」と、クバルさんは注意をうながします


◇タンパク質の過剰摂取による副作用を栄養士が解説

 特大ステーキを食べ過ぎてしまう…、または、ここ最近チキンの胸肉にばかりハマってしまっている…そんな方の場合、その後、どうような事態が待っているのでしょうか?

 そこで、「タンパク質を摂取し過ぎてしまうと、どうなってしまうのか?」を知っておくべき事柄について、ここでご紹介しましょう。


《その1》『正しい』タンパク質の摂取量は? そして、何を基準に“多すぎる”となるのでしょうか?

 厚生労働省が発表している日本人の食事摂取基準(2015年版)中、日本人の食事摂取基準によれば、1日に必要なタンパク質は摂取エネルギーの13~20%が理想とされております。なので、一般的平均値から計算するに、推奨量は「成人男性は一日60g」、「成人女性は一日50g」としています。

 しかしそれは、一般的な推奨摂取量で、特に筋力トレーニングを行ったりしているアクティブな人であれば、より多くのタンパク質を摂取することを推奨する動きも高まっています。

 「年齢を重ね、よりアクティブになっているのであれば、トレーニング中に筋肉は分解されてしまいます。それを補うためにも、トレーニングをする人であれば、一般的な推奨量より量を増やす必要があるのです」と、クバルさんは言います。

 定期的にジムでバーベルや重量上げをしていたり、持久力を高めるトレーニングをしているのであれば、「アメリカスポーツ医学会(ACSM)」では、タンパク質摂取量を体重1キロあたり約1.2~1.7グラムまで増やすよう推奨しています。

 したがって、例えば約63キロのアクティブな方であれば、1日あたり70~112グラムのタンパク質を摂取する必要があるということです。

 必要量は、それぞれの人のニーズと目標によって決まるものです。もし、あなた用にカスタマイズされたタンパク質の推奨摂取量が知りたいのであれば、自身に合ったものを考えてもらうことが必要になるので、栄養士、またはスポーツ栄養士に相談することをおすすめします。


◇では… タンパク質の摂取量が多すぎるとどうなるのでしょうか?

 「結局のところ、体はそんなに多くのタンパク質を吸収することはできません」と、クバルさんは説明します。

 一般の方が体に摂取できる量は、1食当たり約30グラムのタンパク質だそうです。参考のため、小さな骨なしチキンの胸肉の半分量、またはカップ1つのカッテージチーズに卵2個が34グラムのタンパク質となります…。

 ある研究によれば、特にアクティブで筋トレをしている人であれば、3回の食事でその日必要なタンパク質の量を分散して摂取することが大切であり、筋肉におけるタンパク質合成に最もふさわしい摂取法であるそうです。理想的には、食事ごとに皿の上の1/4はタンパク質にしたいところです。

 チキンやターキー、赤身のステーキなどを選択することは最適で、クバルさんによれば、「カッテージチーズ、ギリシャヨーグルト、卵などのお肉ではないものも適している」と言っています。

 「例えば、昨夜、外食でステーキを食べてしまっていても、かなりの満腹感を感じる以外、別の副作用に悩むことはないでしょう」とクバルさん。

 さらに…「タンパク質は、消化するために多くのエネルギーを必要とします。そして炭水化物を多く含む食事に比べて、より満腹感を感じることが多いのです。もしも減量することが目標であるならば、1食につき30グラム程度のタンパク質を摂取することは、その食事の満足感を高めるには賢明なアイデアでしょう」とのこと。

 「しかし、それ以上の摂取となると体が代謝し、余分なタンパク質を脂質として体内に溜めてしまうことになります…」と、説明しています。


《その2》肝臓病と診断されている方は、タンパク質の摂りすぎは危険になる可能性もあります。

 「摂り過ぎた」と当てはまる方は、恐らく医師から注意されてる場合もあるのではないでしょうか。

 「例えば肝臓病と診断されている方は、高タンパクな食事は、肝臓をより傷つける可能性があります。また、心臓病と診断されているのに、脂肪分の多いお肉やホットドッグやソーセージなどの加工肉を選択してしまっている方は、このような高タンパクな食事は問題も引き起こす可能性がある」と、クバルさんは説明します。

 彼女によると、タンパク質を摂りすぎた場合に予想される(それほど深刻ではないものの)副作用の一部は、下記の通りです。

・不快な満腹感:たくさんのタンパク質を摂取すると「胃の中に石があるようだ」と感じる人もいるそうです。
 
・便秘:高タンパクな食品を摂取し過ぎると、他の健康的な食品や食物繊維などの主要栄養素を変化させてしまう危険性があります。 「大きなステーキを食べているときは、おそらく野菜はたくさん食べていないでしょう」と、クバルさん。 肉や乳製品には食物繊維はないと言うことを頭に入れておいてください。そのため、体内の消化器官は健康を保つために繊維を必要とします。
 
・体重を減らそうとしているのに減量することができない:これまでに述べているように、食事で摂取して体内で消化出来ない炭水化物は糖質に変わります。そのために、もし、あなたがケトジェニック ダイエットをしているのであれば、多すぎるタンパク質がケトン体になることを阻んでいる可能性があります。


◇自分が食べすぎてしまっているか、どうかを確認する簡単な方法はお皿を見ることです。

 「お皿の中心に約450グラムのリブアイステーキ(主に背最長筋で構成されていますが、コンプレックス筋と脊髄筋も含まれています)をのせている場合は、間違いでしょうね(笑)」と、クバルさん。お皿の1/4はタンパク質、1/4はでんぷん質の野菜やホールグレイン、そして残りの1/2はでんぷん質ではない野菜… 、これがお皿に適切に盛りつける完璧で簡単なマニュアルです。この比率がいずれか偏ってしまっていたら、「特定の主要栄養素が不足しているか、または特定の主要栄養素を摂りすぎている可能性がある」、という指針になります。


《その3》タンパク質を過剰摂取したらどのようにしたら良いのか?

 そんなに心配しないでください!

 「1回の食事程度では、肝臓をダメにしたり、体重を増やしてしまったり、回復不可能な害が及ぶことはありませんので」と、クバルさんは説明します。

 「もし心配の場合は、普段よりも多くの水を飲み、肝臓の働きを促し、内臓にあるタンパク質から窒素を排出することを助長させてください」と、彼女は教えてくれました。

 「そして、その後の食事は、最近不足しがちな他の主要栄養素を摂取する機会としてください。繊維質や多くの必須栄養素を含む複合炭水化物や、良質な脂肪などはいかがでしょうか…。とは言っても、何よりもあなたの気持ちを重視してくださいね」。

 「1回の食事で60グラムのタンパク質を食べたとしても、いつもどおりの体調であれば、次の食事は普段どおりにしましょう。野菜を食べていなくて調子が悪いようであれば、野菜を食べてください」と、最後にクバルさんはアドバイスしてくれています。

 自分の体の声を聞くことこそ、一番の最善策ということになります。



BBQyakuyo_0I9A1444_TP_V4(1).jpg


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191103-00010000-esquire-life


続きを読む…

筋トレ ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

レーシックに次ぐブームに?眼内コンタクトレンズ「ICL」の希望と限界

 過去に一大ブームとなった視力矯正手術「レーシック」も、最近はメディアで話題にのぼることはめっきり減った。そんななか、彗星のごとく現れたのが「ICL」。昨年3月にタレントの指原莉乃がSNSで発信したことで一気に注目を集めたが、ICLとはどういったものなのか。眼科専門医に聞いてみた。(清談社 松嶋千春)

● 玉石混交だったレーシック ライセンス制が厳格なICL

 ICL(Implantable Contact Lens)は、眼内にレンズを挿入し視力を矯正する「
屈折矯正手術」のひとつ。その成り立ちと特徴について、北里大学医療衛生学部視覚生理学教授である神谷和孝氏は次のように話す。(北里大学病院眼科HPはこちら)

 「ICLは1978年より開発が行われ、2003年の臨床治験を経て、2010年に厚生労働省の承認を受けました。日本の屈折矯正手術全体におけるシェアは、3割程度と推定されています。ここ1~2年で認知が進んで、患者さんが増えています。ソフトコンタクトレンズのようにしなやかな素材のレンズを、目の表面ではなく、目の中の毛様溝(虹彩と水晶体の間)という部分に入れるので、割れる心配はありません」(神谷氏、以下同)

 同じく屈折矯正手術のひとつであるレーシックは、角膜をレーザーで削る手術法だ。2000年代からメディア露出が増え、一世を風靡した印象だが「ピーク時と比べると手術件数は約10分の1に減っています」と神谷氏は指摘する。しかし、依然としてレーシックのシェアが大きく、そこにICLが取って代わるほどの爆発的なブームは見られない。このように普及が少しずつとなっているのはなぜなのか。

 「もちろん価格的な問題もありますが、レーシックが登場した際には、眼科の専門領域外からの参入も激しく、急速な広がりを見せました。当時のライセンス制度は形骸的で、術後トラブルへの対応も十分ではありませんでした。ICLの場合は、眼科専門医に限定されており、学会の講習や認定手術を経てライセンスを付与しているため、導入のハードルが高い。この違いも、ICLの普及がゆるやかである一因かもしれません」



shiryoku_metsuki.png 


● 角膜を削らず レンズを取り外せる

 
レーシックの場合、クリニックによっては10万円を切るプランもあるが、ICLの相場は両目50万~70万円と、かなり高価だ。

 「視力矯正手術は保険適用外の自由診療であるため、各クリニックによって設定価格はまちまちで、術後検診の回数などの条件も異なってきます。ICLは術前検査をもとに適切な度数やサイズのレンズをオーダーメイドで作るため、レンズ代がやや高価となっています。さらに、レンズが出来上がるまで約1ヵ月近くかかるため、『思い立ったらすぐ手術』というわけにはいきません」

 ICLは元来、強度近視に対する手術として発展してきたが、その安全性・有効性の高さから、最近は中等度近視にも適用が広がっているそうだ。手術によって同じ1.5の視力が出たとしても、レーシックよりも見え方の質が良い。さらに、角膜を削らないことによるメリットもある。

 「角膜をレーザーで削ると、創傷治癒反応(傷口を治そうとする働き)で少し近視が戻るリバウンドの可能性がありますが、ICLではほとんど起こりません。さらに、ドライアイの人がレーシックを受けた場合、角膜を削ることで神経がダメージを受け、ドライアイが悪化するおそれがあります。ICLを受けることでドライアイが治るわけではありませんが、悪化することもないので、ドライアイ向きといえます」

 レンズメーカーの推奨するICLの適用年齢は21~45歳で、過去1年間の視力が安定していることが手術を受けるための条件だ。「永久コンタクトレンズ」とも呼ばれているICLは、ずっと目に入れたままで構わないが、万が一、目にトラブルが起きたときには取り外すことができる。

 「この可逆性という要素は、患者さんにとって大きな安心材料になります。年を重ねれば誰しも白内障になりますが、白内障手術の際に目から
ICLレンズを取り出し、白内障手術用のレンズを入れることも可能です。どちらも『レンズを入れる』という術式に共通点があるため、白内障手術に長けた医師がICLライセンスを取得する傾向にありますね」

● レーシックと同様のリスクも 情報開示してくれる医療機関を選ぶべし

 ドライアイを悪化させず、取り外すこともできるとなれば、ICLは万能なのかと思ってしまうが、もちろんデメリットもある。

 「角膜を本来の状態に戻すために、検査前に1~3週間ほどコンタクトを外して過ごす必要があり、これを怠るとレンズの度数が合わなくなります。また、強すぎる度数で矯正すると、遠くも近くもピントが合わない『過矯正』になってしまうおそれがあるため、医師が最も注意を払っているところでもあります」

 従来は、白内障を引き起こす原因になるといわれていたが、最新の中央に穴のあいた
ICLレンズが開発されてからは、そのリスクはかなり減ったという。一方で、術後のケアの必要性や、ハロー(光の輪が見える)、グレア(光がギラついて見える)といった症状が現れるリスクがあるのは、レーシックもICLも同様だ。神谷氏は、視力矯正手術に対して一歩引いた立場から意見を述べる。

 「『眼鏡をかけると頭痛がする』『コンタクトの着用でドライアイがひどくなっている』など、目の健康に何らかの問題が生じている人の助けとなるのが視力矯正手術です。眼鏡やコンタクトを使って快適に過ごせているならば、あえてリスクを冒してまでメスを入れる手術を受ける必要はないでしょう。もし手術を受けるのであれば、ICLのメリットだけでなく、合併症のリスクについても十分に説明してくれて、医師と患者の信頼関係を築けるような医療機関が望ましいです」

 近年は「コンタクトケアする手間をお金で買おう」など、時短ワザとして手術を勧める文言も見かけるが、盲信的に飛びつくのは禁物だ。「一生モノ」という覚悟をもって、慎重に検討すべきだろう。

松嶋千春




https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191115-00220614-diamond-soci





続きを読む…

白髪&薄毛に効くのは、実は「ブラッシング」!?納得のその効用とは?

パーマやゆるふわヘアの流行などで、ブラッシングしない人が増えているようだ。 
しかし、「白髪は色素幹細胞が色素を作るのを休んでいる状況。
ブラッシングは頭皮の血行を隅々までよくして活性化させるうえに、適度な刺激によるリラックス効果も得られるので、もっと積極的に取り入れていただきたいですね」と語るのは、一般社団法人国際毛髪皮膚科学研究所代表理事を務める毛髪診断士・認定講師の本山典子さんだ。


ストレスの影響を強く受けるとされる白髪。
肌当たりのいいブラシで行うブラッシングは、白髪対策にうってつけなのだとか。


「ブラッシングをすると髪が傷むというのは誤解です。日本にはくしの文化があるように、髪をとかすことは美容の原点。今は皆、スマホやパソコンの見すぎで頭皮下の筋肉が縮みやすく、また更年期世代以降は、ホルモンの影響で自律神経も乱れがちですから、体調を整えるための習慣としてもおすすめです」

その効用を具体的にあげてもらった。

◆ 神経へのタッチセラピー
皮膚の下には神経が走っていて、触れると脳に『熱い』とか『心地よい』という感覚を伝達している。
「頭部には、自律神経に働きかけて整えるツボがたくさんあるのに、髪にじゃまされて触れにくいんです。だからブラシで隙間なく頭皮に触れると、心地よい感覚が脳に伝達され、ストレスを引き起こすホルモンや、体内で悪さをする活性酸素の低減につながります」

◆ 筋肉を動かし、 リンパの流れを活性化。 次の髪を育てる助けに!
ブラッシングの最大の利点は、頭皮の下の筋肉を動かすこと。
「帽状腱膜(ぼうじょうけんまく)という頭のお皿の部分には筋肉がほとんどないので、血行やリンパの流れが滞りがち。ブラッシングで髪の生え際の筋肉を動かし、血液やリンパの流れを助ければ、隅々まで栄養が行き渡り、次に生えてくる良質な髪を育てることにつながる可能性があります」

◆ 脂分が馴染んでツヤが増す
ブラッシングは、これから生えてくる髪だけでなく、今生えている髪にももちろん有効。
「頭部は脂分の多いところでもあります。ブラシで髪のもつれを取りながら、毛先の先端まで自分の脂分を馴染ませられる効果も。毛先のパサつきや広がりを抑え、つややかな髪に整えられます」

◆ 横にこするのはNG。上→下にとかすのはOK
「横にこすると傷むので、髪のもつれは無理にとかさないで。髪のキューティクルは根元→毛先に向かって流れているので、その流れに沿ってブラシでとかせば傷みません」


2019100701.png 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00010000-ourage-life


名無しさん 

アラフィフです
30歳くらいの頃から薄毛と白髪に悩まれてきましたが
ブラッシングとともに1日一回の頭皮マッサージ、食事とビタミン+ヘム鉄サプリメントを続けたら
いつの間にか抜け毛が減って白髪もかなり少なくなりました
鉄は貧血を改善するために摂り始めたのでびっくりです
高い育毛剤を使っても全く効果無かったのに…
女性は鉄分が不足しがちだと思うので試してみてもいいかも
名無しさん 

遺伝とかは関係ないんでしょうか?
母も祖母もかなり多かったです。
私は小学生の頃から白髪がありました。そして、今47歳なんですが、本当に多いです。
前は美容院で染めてましたが、もう辞めました。
髪の毛が傷むので。

先日、近藤サトさんをテレビで拝見したら、本当に真っ白でビックリしました。若いのか若くないのか分からない感じでした。
自分も周りからそう思われてるのかな?と思うと、やっぱり染めた方が良いのかな?と悩みます。
ブラッシング、あまりやってないので意識してやってみようと思います。
名無しさん 

今まであまりとかしてませんでした。意識してやってみます。



続きを読む…

AGA ]   [ コメント:0 ]   PAGE TOP↑

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

フリーエリア

よく読まれている記事

ブログパーツ